Reuters logo
東京為替:ドル上げ渋り、北朝鮮情勢の緊迫化に対する警戒感残る
2017年8月11日 / 00:24 / 3ヶ月後

東京為替:ドル上げ渋り、北朝鮮情勢の緊迫化に対する警戒感残る


*09:16JST 東京為替:ドル上げ渋り、北朝鮮情勢の緊迫化に対する警戒感残る
11日午前の東京市場でドル・円は109円10銭前後で推移。本日は東京市場が休場となるため、ドル・円を含めた主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く見込み。ただし、欧米諸国の株安や米長期金利の低下を受けてリスク選好的なドル買い・円売りは一段と縮小しており、北朝鮮情勢の緊迫化に対する警戒感は消えていないことから、ドルの上値は重くなるとみられる。ここまでのドル・円の取引レンジは109円06銭から109円22銭。
・ユーロ・円は、128円38銭から128円49銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1764ドルから1.1775ドルで推移

■今後のポイント
・109円以下に顧客筋、個人勢のドル買い興味
・1ドル=110円-113円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値48.65ドル 安値48.51ドル 直近値48.65ドル


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below