Reuters logo
NY株式:ダウ76ドル安、バノン氏の更迭で政権への不安は和らぐ
2017年8月18日 / 23:59 / 3ヶ月後

NY株式:ダウ76ドル安、バノン氏の更迭で政権への不安は和らぐ


*08:54JST NY株式:ダウ76ドル安、バノン氏の更迭で政権への不安は和らぐ
18日の米国株式相場は下落。ダウ平均は76.22ドル安の21674.51、ナスダックは5.39ポイント安の6216.53で取引を終了した。トランプ大統領の発言を巡る問題で、米政権運営への先行き不透明感からアジア・欧州株が概ね全面安となり、米国株も売りが先行。バルセロナで発生したテロ事件による地政学リスクへの警戒感も重なり、軟調推移となった。当初から極右思想で批判を集めていたバノン主席戦略官の更迭が発表され、トランプ政権への懸念がやや後退すると、下げ幅を縮小したが、相場を押し上げるには至らなかった。セクター別では、公益事業や家庭用品・パーソナル用品が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや食品・生活必需品小売が下落した。

ディスカウントストアのロス・ストアーズ(ROST)は通期の利益見通しを引き上げ、大幅上昇。半導体製造装置のアプライド・マテリアルズ(AMAT)は8-10月期の売上高見通しが予想を上振れ、堅調推移。一方で、スポーツ用品小売りのフット・ロッカー(FL)は決算内容が嫌気され、大幅下落。スポーツ用品メーカーのアンダーアーマー(UA)、ナイキ(NKE)などにも売りが広がった。農業機械のディア(DE)は米国・カナダでの農機販売が減少するとの見通しを示し、軟調推移となった。

21日には99年ぶりにアメリカ大陸を横断する形で皆既日食が観測される為、観測地への旅行需要拡大が期待される一方で、交通渋滞やビジネス活動や製造業の一時的中断による経済損失も予想されている。



Horiko Capital Management LLC




《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below