Reuters logo
金融セクターの動向に改めて関心が集まるか【クロージング】
2017年8月23日 / 07:23 / 1ヶ月前

金融セクターの動向に改めて関心が集まるか【クロージング】


*16:18JST 金融セクターの動向に改めて関心が集まるか【クロージング】
23日の日経平均は6営業日ぶり反発。50.80円高の19434.64円(出来高概算14億5000万株)で取引を終えた。22日の米国市場は、米政権に対する先行き不透明感や北朝鮮情勢の緊迫化による株価下落が一服し、値ごろ感から買いが広がった。この流れを受けたシカゴ日経225先物清算値は大阪比140円高の19480円となるなか、東京市場は買い先行で始まった。

しかし、ジャクソンホール会合といった重要な経済イベントを控えており、これを見極めたいとするムードが強い中では、上値を買い上がる流れにはならず、日経平均は寄付き直後につけた19561.32円を高値に、その後は上げ幅を縮めている。セクターでは繊維、石油石炭、パルプ紙、情報通信、小売、電気機器がしっかり。半面、鉄鋼、海運、電力ガス、銀行、その他金融が小安い。

日経平均は陰線形成となり、出来高も低水準といった形での模様眺めムードの強い相場展開である。5日線を上回って始まったが、終値では同線を下回っており、反発ながらも調整トレンド内での値動きであり、自律反発の域を脱していない状況である。一目均衡表では転換線に上値を抑えられており、この抵抗をクリアできないと、雲を大きく下放れる格好から、調整が長期化することも警戒されそうだ。

なお、ジャクソンホール会合前は金融政策への思惑から、長期金利が上昇しやすい傾向にある。そのため金融セクターの動向に関心が集まりやすいと考えられるが、本日は三菱UFJ8306の弱さが目立っていた。ただ、前引け後に大口のクロスが入っており、市場関係者の話としては東芝6502が保有分をすべて売却したとの見方がされているようである。売り決めによる影響とみられ、これの需給が一巡することで、週末にかけての金融セクターの動向に改めて関心が集まろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below