Reuters logo
個別銘柄戦略:北朝鮮警戒で様子見姿勢、中小型株に資金向かいやすい
2017年8月25日 / 00:25 / 3ヶ月後

個別銘柄戦略:北朝鮮警戒で様子見姿勢、中小型株に資金向かいやすい


*09:17JST 個別銘柄戦略:北朝鮮警戒で様子見姿勢、中小型株に資金向かいやすい
模様眺めムードは強そうだが、まずはシカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや買いが先行しよう。薄商いの中をインデックスに絡んだ商いの影響を受けやすいだろうが、指数インパクトの大きいソフトバンクG9984やファナック6954、京セラ6971、日東電6988などの動向に注目。また、ファーストリテ9983がADRで弱い動きをみせており、これが日経平均の重しになりそうだ。

そのほか、北朝鮮はきょう25日に「先軍節」を迎える。新型のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射が警戒されており、様子見姿勢が強まっている。これについては一先ず北朝鮮が動きをみせなければ、アク抜け的な動きに向かわせよう。また、ジャクソンホール会合については、市場はそれ程期待しているとはみえず、こちらもアク抜けを意識した動きが出てきそうである。

物色については、週末要因から短期的な値幅取りにとどまろうが、中小型株資金が向かいやすい需給状況は続くとみられる。テーマとしては小売再編、5G、EV、ゲームなど。その他、個別で格上げ等が観測されているところでは、第一三共(4568)、トヨタ(7203)、マツダ(7261)に注目。一方で、格下げでは、パーク24(4666)、LINE(3938)、NTTデータ(9613)などが観測されている。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below