Reuters logo
後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は反落、中小型株にシフトする流れが続いている
2017年8月28日 / 03:44 / 1ヶ月前

後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は反落、中小型株にシフトする流れが続いている


*12:36JST 後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は反落、中小型株にシフトする流れが続いている
28日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は反落、中小型株にシフトする流れが続いている
・ドル・円は109円16銭、下げ渋り、日本株にらみ
・値上がり寄与トップはソフトバンクG、同2位はテルモ


■日経平均は反落、中小型株にシフトする流れが続いている

日経平均は反落。21.96円安の19430.65円(出来高概算6億5000万株)で前場の取引を終えた。注目されたジャクソンホール会合については、欧米中央銀行のトップが金融政策に言及しなかった。もっとも、サプライズはなく、一先ずアク抜けが意識された。また、北朝鮮を巡る地政学リスクに対しても、短距離ロケット発射にとどまっており、こちらも買い戻しを誘う格好となった。

しかし、米債務上限問題など米政権運営に対する警戒感は強く、買い先行後は次第に値を消す展開となり、寄付き後早い段階で下げに転じている。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が若干上回っている。セクターではその他製品、ゴム製品、パルプ紙、繊維がしっかりな半面、鉱業、保険、石油石炭、銀行がさえない。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、TDK6762、コナミHD9766、SUBARU7270の下げが重し。

日経平均は19500円を回復して始まったが、指数インパクトの大きい値がさハイテクの一角が弱く、これが重しになっている。一方で、マザーズ指数、JASDAQ平均、東証2部は上昇している。薄商いの中をインデックスに振らされやすいなか、個人主体の資金は中小型株にシフトする流れが続いているとみられる。午後は日銀のETF買い入れへの思惑から下げ渋りをみせてくる可能性が高いが、戻りの鈍さが意識されてくるようだと、次第に中小型株へのシフトが強まることになりそうだ。

また、指数インパクトの大きいところで上昇しているのは、ソフトバンクG9984のほかは、医薬品セクターなどややディフェンシブ系である。ソフトバンクGも小幅な上昇にとどまっているため、関心は向かいづらいであろう。そのため、Aiming3911、レノバ9519、サイバーステップ3810、ユーザベース3966など前場に強い動きをみせている、中小型株が引き続き注目されそうだ。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は109円16銭、下げ渋り、日本株にらみ

28日午前の東京外為市場で、ドル・円は下げ渋り。日本株の反落を手掛かりに下落基調に振れたが、株売り一服で下げ渋る展開となった。

ドル・円は、日経平均株価の寄り付き後の上昇で買い先行となり、109円40銭まで上昇。その後の反落を受け、ドルは一時109円09銭まで値を下げたが、日本株の売りが弱まるとドルは下げ渋った。

ランチタイムの日経平均先物は下げ幅を縮小。目先の日本株の再浮上が期待されており、リスク回避的な円買いは後退しつつある。米ジャクソンホール会合の通過で、リスク要因の後退による円売りも見込まれる。

12時30分時点のドル・円は109円16銭、ユーロ・円は130円16銭、ポンド・円は140円65銭、豪ドル・円は86円69銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・ぱど4833や三社電機6882がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはソフトバンクG9984、同2位はテルモ4543


■経済指標・要人発言

・イエレンFRB議長
「金融規制緩和は緩やかに」
「FRBの2つの責務で、目標達成に向けて著しく進展」
「最大雇用に向けて、著しい前進」
「物価安定に向けて進展している」

・ドラギECB総裁
「緩い規制は、金融政策緩和時に不均衡をもたらしかねない」
「世界経済の回復は強まっている」
「保護主義への回帰は重要なリスクに」


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・特になし

<海外>
・特になし


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below