Reuters logo
中小型株へリスク回避的な資金が流入【クロージング】
2017年8月28日 / 06:44 / 24日前

中小型株へリスク回避的な資金が流入【クロージング】


*15:39JST 中小型株へリスク回避的な資金が流入【クロージング】
28日の日経平均は小反落。2.71円安の19449.90円(出来高概算13億4000万株)で取引を終えた。注目されたジャクソンホール会合については、欧米中央銀行のトップが金融政策に言及しなかった。もっとも、サプライズはなく、一先ずアク抜けが意識された。また、北朝鮮を巡る地政学リスクに対しても、短距離ロケット発射にとどまっており、こちらも買い戻しを誘う格好となった。

しかし、米債務上限問題など米政権運営に対する警戒感は強く、寄付き直後に下げに転じると、その後は先週末の終値を挟んでのこう着が続いた。円相場がやや円高に振れていることも、手掛けづらくさせていた。とはいえ、東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1100を超えており、過半数を占めている。マザーズ、JASDAQ、東証2部のほか、TOPIXもプラスで終えるなど、中小型株を中心に物色がみられている。

また、セクターでは保険、銀行、鉱業、輸送用機器、電気機器、不動産が小安い。一方で、その他製品、医薬品、繊維、サービス、電力ガス、ゴム製品が堅調。33業種中、27業種が上昇しており、底堅い中、指数インパクトの大きいファーストリテ9983、ファナック6954、コナミHD9766、ユニファミマ8028、SUBARU7270、TDK6762に上値を抑えられた格好。

米経済指標や金融政策、政権運営への不透明感を背景に模様眺めムードが強まりやすく、インデックスに絡んだ商いの影響を受けやすいだろう。その中で、外部環境に振らされ難い中小型株へ、リスク回避的な資金流入が続きそうである。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below