Reuters logo
個別銘柄戦略:ミサイル発射受けリスク回避的な流れに、中小型株へ物色
2017年8月29日 / 00:07 / 3ヶ月後

個別銘柄戦略:ミサイル発射受けリスク回避的な流れに、中小型株へ物色


*09:01JST 個別銘柄戦略:ミサイル発射受けリスク回避的な流れに、中小型株へ物色
日本株市場は神経質な相場展開になろう。北朝鮮西岸から北東に向かってミサイルが午前5時58分ごろ発射された。北海道の襟裳岬東方の東、およそ1180キロの太平洋上に落下と推定されており、この影響からシカゴ225先物は時間外で一時19100円を下回る場面もみられている。この流れを受けて先物主導によるインデックス売買の影響を受けそうである。出来高が低水準の中であり、より影響が出やすいとみられる。ただし、足元では北朝鮮に対する地政学リスクへの警戒が強まっていたほか、米経済指標や金融政策、政権運営への不透明感を背景に模様眺めムードが強まりやすい状況だった。

テクニカル的にも19000円処は射程に入っていたことから、売り一巡後は値ごろ感からの押し目拾いのスタンスになりやすいだろう。物色としては、リスク回避的なこの流れがより顕著に表れ、中小型株への物色が強まりそうである。テーマとしては防衛のほか、為替が不安定ななかで、ビットコインにも関心が集まりやすいだろう。その他、米アップルは9月12日に新製品発表会を開催する予定と、複数の関係者の話として、米紙WSJが伝えている。アップル関連や有機ELなどへの押し目拾いも意識しておきたい。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below