Reuters logo
NY株式:ダウ56ドル高、北朝鮮情勢への不安がやや和らぐ
2017年8月29日 / 22:04 / 1ヶ月前

NY株式:ダウ56ドル高、北朝鮮情勢への不安がやや和らぐ


*06:59JST NY株式:ダウ56ドル高、北朝鮮情勢への不安がやや和らぐ
29日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は56.97ドル高の21865.37、ナスダックは18.87ポイント高の6301.89で取引を終了した。昨日の北朝鮮によるミサイル発射を受け、地政学リスクへの警戒感から売りが先行。テキサス州に上陸したハリケーン被害の影響に対する不透明感や長期金利の低下が嫌気されるも、8月消費者信頼感指数が予想を上振れたほか、北朝鮮情勢への緊張が一服すると、引けにかけて下げ幅を縮小し上昇に転じた。セクター別では、資本財や食品・生活必需品小売が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや銀行が下落した。

防衛企業のレイセオン(RTN)、ロッキード・マーティン(LMT)やノースロップ・グラマン(NOC)、航空機のボーイング(BA)など防衛株が上昇。一方で、家電量販店のベストバイ(BBY)は予想を上回る決算を発表したものの、CEOが売上高見通しに弱気な姿勢を示し、ネット小売のアマゾン(AMZN)による競争激化が意識され大幅下落。靴小売のフィニッシュ・ライン(FINL)は通期見通しを引き下げ、急落。スポーツ用品メーカーのアンダーアーマー(UA)、ナイキ(NKE)などにも売りが広がった。

ディスカウントストアのターゲット(TGT)はアマゾンのクラウドサービス「AWS」の利用を中止し、他社サービスに乗り換える方針を明らかにした。アマゾンが食品スーパーのホールフーズ買収を完了したこともあり、既存小売店との競争が激化しており、今後も小売各社が「AWS」の利用を止める動きが広がりそうだ。



Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below