Reuters logo
マザーズ先物見通し:いったん自律反発の流れへ
2017年8月29日 / 23:49 / 23日前

マザーズ先物見通し:いったん自律反発の流れへ


*08:43JST マザーズ先物見通し:いったん自律反発の流れへ
本日のマザーズ先物は、いったん自律反発の流れとなりそうだ。前日のマザーズ先物は、北朝鮮情勢を巡る緊張感の高まりから売られる展開となったが、米国市場でいったん地政学リスクへの警戒感が後退したことを受けて、いったん買い戻しの動きがみられよう。また、週末に米雇用統計が控えていることもあり、主力処の様子見ムードが強まる可能性がある。そんななかで、中小型株物色が強まるとの思惑からマザーズ先物が上げ幅を広げる場面も期待される。ただし、8月初旬から急増したマザーズ先物へのリテールフローは、月末にかけて減少傾向が続いており、ポジション調整の動きによる値崩れには十分注意が必要である。本日の上値メドは1110pt、下値メドは1080ptとする。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below