Reuters logo
米国株見通し:週末の雇用統計に関心向く
2017年8月30日 / 12:21 / 3ヶ月後

米国株見通し:週末の雇用統計に関心向く


*21:17JST 米国株見通し:週末の雇用統計に関心向く
S&P500先物 2447.50(+0.50) (21:00現在)
ナスダック100先物 5875.00(+5.25) (21:00現在)

21:00時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小じっかりに推移している。また、NYダウは前日比20ドル高程度で推移。欧州市場は、全般買いが先行している。原油先物相場は小幅に下落して推移しており、これらの流れを受けて、米株式市場はやや買い優勢の展開から始まろう。

30日の米株式市場は上昇。北朝鮮によるミサイル発射を受けて売りが先行したが、トランプ大統領の反応が比較的穏やかだったことから、大規模な戦闘にはつながらないとの楽観的な見方が広がった。

北朝鮮は今回日本上空を通過した中距離弾道ミサイルの発射実験について、「太平洋における軍事作戦の第1歩であり、グアム封じ込めに向けた有意義な序章」だったと挑発するなど、依然として警戒要因となる。トランプ大統領との過激な挑発合戦に発展するようだと、再び地政学リスクへの警戒につながりことになりそうだ。

もっとも、現時点ではトランプ大統領は冷静であり、一先ず市場は週末の雇用統計に関心が向かいやすく、その前哨戦となるADP雇用報告に関心が集まりそうだ。年内の追加利上げを予想する向きは少ないが、1日に発表される8月雇用統計、そして今週以降の金融市場の動向次第で、利上げ観測に変化が生じるため、ADP雇用報告を受けた市場反応が注目される。

《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below