Reuters logo
価格高騰中のモネロ、新サービスでさらなる普及なるか【アルトコイン評価ニュース】
2017年9月4日 / 01:34 / 20日前

価格高騰中のモネロ、新サービスでさらなる普及なるか【アルトコイン評価ニュース】


*10:24JST 価格高騰中のモネロ、新サービスでさらなる普及なるか【アルトコイン評価ニュース】
足元モネロ(XMR)の価格が高騰している。8月20日まで53米ドル前後で取引されていたモネロ(XMR)/米ドル(USD)相場は8月21日から上昇し始め、一時約2.8倍となる147.97米ドルの高値をつけた(コインマーケットキャップより)。

この背景として、現在ビットコインやライトコイン、リップルなどの仮想通貨の取引量が世界最大規模となっている取引所のひとつである韓国のbitHumbが8月21日にモネロの取り扱いを開始することを公表したことが挙げられる。8月27日にbitHumbで正式にモネロの取引サービス提供が開始されて以降、bitHumb上の韓国ウォン建てのモネロ取引量は急増しており、9月4日時点ではモネロの総取引量の約37%を占めている。

韓国ウォン建てによる仮想通貨取引量の急増は、8月にビットコインやリップル、ライトコインなどの価格高騰の原因の一因となったのではないかと見られている。韓国では今後数ヶ月以内にサイバー攻撃やハッキングなどから消費者を保護するため電子取引法を改正する見通しであり、この改正によって仮想通貨にも一定の法的立ち位置が生じる予定である。こうした要素がポジティブに作用し、今後さらに取引が拡大することが予想される。

また30日には、モネロを個人間で売買するためのマッチング・プラットフォームであるLocal Monero.coというサイトが立ち上がった。これにより、取引所を介することなく個人対個人が直接モネロを交換することが容易になる。ビットコインには以前からLocal Bitcoins.comという全く同じコンセプトのサイトがあり利用者も多いが、こうした新サービスが今後のモネロ普及にどのように影響するかが注目される。

現在ビットコインは時価総額ベースで仮想通貨市場全体の約46%のシェアを占める圧倒的な存在であり、流動性と時価総額の観点からビットコインをベースに各仮想通貨のフェアバリューを算出した場合すべての仮想通貨が割高となる。そこで、時価総額2位のイーサリアムをベースとしてモネロのフェアバリューを算出してみたところ約163米ドルとなり、モネロの現在価格は割安との見方もある。



《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below