Reuters logo
日経平均は3日続落で直近安値下回る、北朝鮮ミサイルの日本上空通過が常態化も
2017年9月6日 / 02:02 / 2ヶ月後

日経平均は3日続落で直近安値下回る、北朝鮮ミサイルの日本上空通過が常態化も


*10:59JST 日経平均は3日続落で直近安値下回る、北朝鮮ミサイルの日本上空通過が常態化も
北朝鮮による6回目の核実験を受けて各国が対応を急ぐ中、北朝鮮の韓大成駐ジュネーブ国際機関代表部大使は5日、国連主催の軍縮会議で、米国にさらなる「贈り物」を届ける用意があると言明するなど、北朝鮮を巡る情勢は不透明感が高まっている。北朝鮮は9月9日の建国記念日や10月10日の朝鮮労働党創建記念日に合わせ「大陸間弾道ミサイル(ICBM)を通常角度で発射する可能性がある」と伝えられている。日本上空を通過する形でミサイルを発射する恐れや、さらにこれが常態化する可能性も警戒されるなか、日経平均は3日続落で8月29日につけた安値(19280.02円)を下回ってきている。直近の動きをみても、韓国よりも日本の下落率が大きく、世界の主要な株価指数の中で、日経平均の弱さが目立っている。株式市場ではポジション圧縮の流れが強まっており、物色については石川製作所6208など防衛関連銘柄の一角に短期資金が集中する展開が続いている。

なお、フィスコ 世界経済・金融シナリオ分析会議では、「朝鮮半島有事の投資法」として分析している。主要SNSで「フィスコ 世界経済・金融シナリオ分析会議」と検索していただければ主要なSNSで閲覧できるため、参考にしていただきたい。


※フィスコ 世界経済・金融シナリオ分析会議とは、
フィスコ・エコノミスト、ストラテジスト、アナリストおよびグループ経営者が、世界各国の経済状況や金融マーケットに関するディスカッションを毎週定例で行っているカンファレンス。


《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below