Reuters logo
香港の規制当局、「ICOのトークンは有価証券の可能性」と指摘【フィスコ・ビットコインニュース】
2017年9月7日 / 03:00 / 16日前

香港の規制当局、「ICOのトークンは有価証券の可能性」と指摘【フィスコ・ビットコインニュース】


*11:51JST 香港の規制当局、「ICOのトークンは有価証券の可能性」と指摘【フィスコ・ビットコインニュース】
9月4日、中国で仮想通貨やトークンを利用した資金調達の一種であるICO(Initial Coin Offering、イニシャルコインオファリング)の規制について当局から表明がだされ、ICOによる資金調達が禁止されることとなった。金融当局は公式発表の翌日にはすでにICOを違法として関係する投資家に払い戻しを要求している模様だ。これを受けて、香港の規制当局からも9月5日、ICOに関する声明が出された。

香港の金融監督当局SFC(証券・先物取引監察委員会)は、ICOにより発行されたトークンが有価証券に分類される可能性について発表した。声明の中で同局のエグゼクティブ・ディレクターであるJulia Leung氏は、SFCは香港内外で資金調達のためのICOの使用が増加することに懸念を抱いていると述べている。Leung氏は、ICOの構造が香港の証券法の対象となる可能性についてICO関係者が認識する必要性があるとして、警告している。さらにSFCによれば、証券法の対象はICOのトークンだけでなく、これらのトークンを扱う取引にまで広がる可能性があるようだ。

中国の規制では、今後予定されていたICOだけでなく進行中のものも停止され、さらには終了しているものについても調査される予定だという。中国当局はいかなる機関もトークンを取り扱うことがないよう監視を強化するようだ。

中国以外の規制当局も、ICOについて注意喚起などの声明を出している。米国証券取引委員会(SEC)は、トークンの提供と販売について、連邦証券法の要件を満たすものであるという見方を示している。またカナダの規制当局も、コインやトークンが適切に有価証券とみなされるべきであるとしている。

中国において規制が実施された後、ビットコイン等、仮想通貨の価格は一時下落した。
5日には、ビットコイン(BTC)/日本円(JPY)の価格は45万円を切るまでに落ち込んだが、7日時点では再び50万円以上まで回復している(フィスコ3807傘下のフィスコ仮想通貨取引所チャートより)。



《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below