Reuters logo
個別銘柄戦略:下げの大きかった銘柄へのリバウンド狙い、ゲーム関連に注目
2017年9月13日 / 00:23 / 2ヶ月後

個別銘柄戦略:下げの大きかった銘柄へのリバウンド狙い、ゲーム関連に注目


*09:19JST 個別銘柄戦略:下げの大きかった銘柄へのリバウンド狙い、ゲーム関連に注目
日経平均は連日でギャップ・アップからのスタートでリバウンド基調が強まってきている。もち合いレンジの上限を上放れつつあるが、ここから出来高が積み上がっている水準に接近することから、戻り待ちの売り圧力が意識されやすいだろう。また、直近のリバウンドでは先物主導によるインデックス売買による影響が大きく、本日も指数インパクトの大きいファーストリテ9983やファナック6954、ソフトバンクG9984などの動向次第といったところであろう。

また、リバウンド一巡感が意識されてくるなか、急ピッチの調整をみせていた中小型株への見直しも意識されてきやすい。需給整理も進捗しているとみられ、下げのきつかった銘柄への短期的なリバウンドを狙った売買が注目される。その他、米アップルは新型「iPhone x」を発表した。材料出尽くしが意識されそうだが、押し目拾いのスタンス。また、フランクフルト自動車ショーが開幕したこともあり、EV化の流れから好調な次世代電池株への物色は続こう。その他、北朝鮮の情勢への警戒感がくすぶるため、防衛関連への押し目狙いも意識されやすいか。その他、需給整理一巡から投資家心理が改善傾向にあるなか、ゲーム関連への見直しを意識。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below