Reuters logo
NEM、マレーシアでの地盤固めを強化【アルトコイン評価ニュース】
2017年9月13日 / 07:23 / 12日前

NEM、マレーシアでの地盤固めを強化【アルトコイン評価ニュース】


*16:21JST NEM、マレーシアでの地盤固めを強化【アルトコイン評価ニュース】
 

NEM(通貨単位:XEM)が、マレーシアでの地盤固めを強化している。NEMのプラットフォーム作成に携わっているNEMファウンデーションが、8月末に開催されていたNEMファウンデーションのリーダーシップ&ストラテジーサミットの一環としてマレーシアのデジタル・エコノミー業界をリードする企業マレーシア・デジタル・コーポレーションを訪問していることが報道された。NEMマレーシアは、同企業がスタートアップの開発支援を行う際の手助けを行っている。

NEMは、先月マレーシアのクアラルンプールに約1万平方メートルの敷地を有するブロックチェーンセンターを設立した。開発者のためのコワーキングスペースやアクセラレータとなることと、またNEMの普及が目的となる。マレーシアは現在、テクノロジー関連企業の法人税免除やマレーシアに新規事業を設立したい技術者のための企業プログラム、また民間機関と公共機関の双方からデジタル関連の起業家への支援を拡充する方針を取っている。また、マレーシアではデジタル自由貿易ゾーンという取り組みも進められており、インターネット経済やクロスボーダー電子商取引の成長を活用したイニシアチブと位置付けられているようだ。こうした追い風の中で、NEMはマレーシアを拠点としながら東南アジア一帯への地盤固めを進める構えとみられている。

NEMは今年6月にも、オーストラリアを拠点とするブロックチェーン企業、ブロックチェーン・グローバル社と国際展開へ向けた提携を行っており、東南アジアだけでなくさらなる普及に乗り出す模様だ。

直近では日本初のICO(Initial Coin Offering、仮想通貨を利用したクラウドファンディングの一種)プラットフォーム・プロジェクトである「COMSA」がNEMやビットコイン、イーサリアムのブロックチェーンをつなぐ触媒となるとして注目を集め、NEMの価格も高騰したが、今後海外進出と知名度の向上が継続された場合さらなる価格上昇の要因となりえる。





《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below