Reuters logo
米国株見通し:根強い北朝鮮懸念などから利益確定売り優勢か
2017年9月13日 / 11:49 / 13日前

米国株見通し:根強い北朝鮮懸念などから利益確定売り優勢か


*20:45JST 米国株見通し:根強い北朝鮮懸念などから利益確定売り優勢か
S&P500先物 2490.25(-4.00) (20:40現在)
ナスダック100先物 5990.75(-13.75) (20:40現在)

20:40時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小安く推移している。また、NYダウは前日比20ドル安程度で推移。欧州市場は、小幅であるが高安まちまちの展開。原油先物相場は小幅に上昇して推移しており、これらの流れを受けて、米株式市場はやや利食い優勢の展開から始まろう。

12日の米株式市場は上昇。地政学リスクが和らぎ、投資家心理の改善によって終日堅調な展開となった。米長期金利の上昇を受けて金融株が買われたことも、買い安心感につながっていた。

国連安保が11日に北朝鮮への制裁強化決議を採択したことを受け、北朝鮮は12日、米国に対して「これまで経験したことのない最大の痛み」を与えると警告した。建国記念日でのミサイル発射がなかったことでいったんは地政学リスクが和らいでいたが、払拭された訳ではなく、利益確定に向かわせそうである。また、ハリケーン被害についても、想定より軽微だったことが安心感につながっているが、前回のハービーの被害影響が長期化するとの見方もあり、次第に上値の重しになりそうだ。その他、注目された米アップルの新製品発表イベントだが、アップル株に対しては材料出尽くしといった流れに向かわせており、これもハイテク株への利食いに向かわせやすいだろう。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below