Reuters logo
今日の為替市場ポイント:地政学的リスク存続で円買い継続の可能性
2017年9月14日 / 23:42 / 2ヶ月前

今日の為替市場ポイント:地政学的リスク存続で円買い継続の可能性


*08:35JST 今日の為替市場ポイント:地政学的リスク存続で円買い継続の可能性
14日のドル・円相場は、東京市場では110円73銭から110円36銭で推移。欧米市場でドル・円は一時111円04銭まで買われた後に110円07銭まで反落し、110円24銭で取引を終えた。

本日15日のドル・円は、北朝鮮情勢緊迫化への地政学的リスクを背景とした有事の円買いが活発化し、110円近辺で推移か。日経平均株価の動向次第では109円台半ばまで一段安となる可能性も。

北朝鮮は15日朝、平壌から東に向けミサイルを発射。菅義偉官房長官によると、北海道上空を通過し、同16分ごろ襟裳岬の東、約2000キロメートルの太平洋上に落下したと推定されると発表した。これを受けて、市場のリスク回避の姿勢が一気に強まり、有事の円買いが加速している。

国連安全保障理事会が11日に北朝鮮への原油・石油精製品輸出に上限を設ける対北朝鮮制裁決議を全会一致で採択。これに対し、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は14日の声明で、日本列島を核兵器で「沈める」と警告すると威嚇し、圧力に屈しない姿勢を示していた。

地政学リスク増大に対する警戒感が再び広がっているが14日発表された、8月の米消費者物価コア指数(コアCPI)は市場予想を上回る前年比+1.7%となった。年内追加利上げの可能性は残されていることから、「本日のアジア市場でリスク回避の円買いがさらに広がるとは言い切れない」との声が聞かれている。


《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below