Reuters logo
日経平均はインデックス主導で年初来高値を更新【クロージング】
2017年9月19日 / 07:24 / 1ヶ月前

日経平均はインデックス主導で年初来高値を更新【クロージング】


*16:16JST 日経平均はインデックス主導で年初来高値を更新【クロージング】
19日の日経平均は大幅に続伸。389.88円高の20299.38円(出来高概算20億4000万株)で取引を終えた。大引け間際には20320.78円まで上げ幅を拡大させており、6月20日に付けたザラバ高値20318.11円を突破し年初来高値を更新した。18日の米国市場はNYダウが7営業日続伸となり、連日で最高値を更新。金融やハイテクセクターが選好されており、支援材料となった。また、各メディアが「安倍首相が28日召集の臨時国会冒頭にも衆議院を解散する意向を固めた」と報じるなか、政策期待等も高まる格好に。

2万円を回復して始まった日経平均は、その後もインデックスに絡んだ商いが断続的に入っており、じりじりと上げ幅を拡大。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1600を超えており、全体の8割を占めている。セクターでは、33業種全てが上昇しており、その他製品、銀行の上昇率が3%を超えたほか、保険、海運、その他金融、輸送用機器、証券、石油石炭、非鉄金属、ゴム製品が2%を超える上昇となった。

日経平均は節目の2万円を捉えると、インデックス主導ながら年初来高値を更新した。9月9日の北朝鮮建国記念日、9月11日の安保理決議を無風で通過し、リスクオンといった格好となった。その後も米金利上昇とそれに伴うドル円上昇、また、衆院解散との報道から政策期待が高まり、ショートカバーを強める一因になったようだ。

北朝鮮情勢については、10月10日が朝鮮労働党の創建記念日となるため、このタイミングでミサイル発射が警戒されている。それまでは小康状態となるようなら、リスクオンに向かいやすいところ。また、19-20日にかけて開催される連邦公開市場委員会(FOMC)が注目される。バランスシート圧縮が決定され、利上げはないと予想する参加者が多いが、足元の経済指標の内容から年内利上げ観測も高まっている。長期金利の上昇に向かわせるようだと、金融セクターの出遅れ修正の流れが一段と強まろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below