Reuters logo
ソフトバンクGが日経平均を連日の高値更新に導く【クロージング】
2017年9月20日 / 06:55 / 1ヶ月前

ソフトバンクGが日経平均を連日の高値更新に導く【クロージング】


*15:52JST ソフトバンクGが日経平均を連日の高値更新に導く【クロージング】
20日の日経平均は小幅ながら3日続伸。11.08円高の20310.46円(出来高概算17億5000万株)で取引を終えた。後場寄り付き直後には一時20339.37円まで上げ幅を広げており、連日で年初来高値を更新している。19日の米国市場は上昇し、NYダウは連日で最高値を更新。ただし、連邦公開市場委員会(FOMC)の発表を見極めたいとの思惑から上値の重い展開となった。この流れを引き継ぐ格好から20300円を回復して始まった日経平均は、テクニカル面ではさすがに過熱感が警戒されてくるほか、FOMCの結果を見極めたいとのムードもあり、前日終値を挟んでのこう着が続いた。

しかし、ソフトバンクG9984が終日堅調な値動きをみせ、大引けでは3.6%を超える上昇で日経平均を下支える格好となった。同社の指数インパクトの大きさのほか、ファーストリテ9983、日東電6988、京セラ6971など値がさの一角が上昇したことで、東証1部の値下がり数が過半数を占める状況の中でも日経平均はプラスとなった。

セクターではその他製品、鉱業、石油石炭、証券、建設、ゴム製品が堅調。一方で、医薬品、電力ガス、化学、繊維、食料品、サービスなど内需・ディフェンシブ系を中心にやや利食い優勢に。

明日はFOMC後のイエレンFRB議長声明を受けた金利や為替動向が影響しよう。ただし、年内利上げは無いとのコンセンサスであり、結果を受けた為替相場の円安一服については織り込み済みである。反対に景況感の明るさから利上げ観測が高まるようだと、長期金利の上昇から円安傾向が強まる可能性はある。日経平均は急ピッチの上昇で過熱感が警戒されているが、これといった押し目が無い中、ショートカバーの動きが強まりやすいだろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below