Reuters logo
短期過熱も相対的な出遅れ感が依然として強く【クロージング】
2017年9月21日 / 07:17 / 1ヶ月後

短期過熱も相対的な出遅れ感が依然として強く【クロージング】


*16:12JST 短期過熱も相対的な出遅れ感が依然として強く【クロージング】
21日の日経平均は4営業日続伸。37.02円高の20347.48円(出来高概算19億7000万株)で取引を終えた。注目されていた連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利を据え置くとともに、バランスシートの縮小を10月から開始することを決めた。また、ハリケーンによる経済への影響は一時的との見方もあり、年内に追加利上げに踏み切ることを示唆した。これを受けて米長期金利が上昇。10年物国債利回りは8月上旬以来ほぼ1カ月半ぶりの水準まで上昇した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円高の20285円となるなか、日経平均は連日で年初来高値を更新し、2015年8月19日以来の20400円を回復して始まった。

ただし、短期的な過熱感も警戒されるほか、日銀の金融政策決定会合の結果を見極めたいとのムードもあり、その後はこう着感の強い相場展開に。日銀の金融政策会合では、長期金利をゼロ%程度に誘導する現行の金融緩和の維持を決定。想定内ではあるが、発表後は利益確定の流れから上げ幅を縮めていた。東証1部の騰落銘柄は値上がり、値下がりが拮抗。セクターでは鉱業、不動産、海運、銀行、輸送用機器が上昇。一方で、鉄鋼、その他製品、非鉄金属、電気機器が一服。

日銀会合後は想定通りではあるが、短期的な過熱感もあり、利食いの動きをみせていた。とはいえ、想定内としても、米国では年内あと1回の利上げの可能性があるなか、日米金利差拡大によるドル買い・円売りが一段と強まる可能性がある。また、総選挙を控えた政策期待も高まりやすいだろう。日経平均は連日で年初来高値を更新し、2015年8月19日以来の20400円を回復している。先進国との相対的な出遅れ感も依然として強く、海外勢による資金流入への思惑等もあって、一段の上昇も意識されやすいだろう。利食いをこなしつつ、押し目拾いのスタンスになろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below