Reuters logo
北朝鮮情勢を警戒しながら押し目拾いのスタンスに【クロージング】
2017年9月22日 / 07:13 / 1ヶ月前

北朝鮮情勢を警戒しながら押し目拾いのスタンスに【クロージング】


*16:05JST 北朝鮮情勢を警戒しながら押し目拾いのスタンスに【クロージング】
22日の日経平均は5営業日ぶりに反落。51.03円安の20296.45円(出来高概算16億9000万株)で取引を終えた。21日の米国市場は利上げ観測から利食い優勢となったが、日米金利差拡大によるドル買い・円売りや衆院解散を控えた政策期待等もあり、日経平均は20400円を回復して始まった。しかし、北朝鮮外相は、金正恩朝鮮労働党委員長が声明で慎重に考慮するとした「超強硬対応措置」について、太平洋上での水爆実験ではないかと述べたと伝わると、地政学リスクへの警戒感が高まるなか、次第に利益確定の流れが強まっている。後場に入ると円相場が一時1ドル112円を下回る場面もみられ、20300円を挟んでのこう着が続いていた。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1200を超えており、全体の6割を占めていた。セクターでは石油石炭、銀行、その他金融、不動産、陸運が小じっかり。半面、鉄鋼、化学、繊維、非鉄金属、精密機器、その他製品が冴えない。売買代金上位では任天堂7974、ソフトバンクG9984、NTT9432、キーエンス6861、ファーストリテ9983が冴えない。一方で、三菱UFJ8306、石川製6208、三井住友8316、みずほ8411が小じっかり。

北朝鮮の地政学リスクが重しとなったが、急ピッチの上昇に対する過熱感も警戒されていたほか、週末要因もあって想定内の調整であろう。日経平均は5日線が支持線として機能しているほか、これまでのもち合いレンジであった20000-20200円を上回っての推移であり、需給状況も悪くないだろう。ボリンジャーバンドでは+2σ辺りまで終値で下げてきており、過熱感は和らいできている。北朝鮮情勢を警戒しながらとなるが、押し目拾いのスタンスになろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below