Reuters logo
今日の為替市場ポイント:リスク回避の円買い継続でドルは上げ渋る可能性
2017年9月24日 / 23:48 / 1ヶ月前

今日の為替市場ポイント:リスク回避の円買い継続でドルは上げ渋る可能性


*08:41JST 今日の為替市場ポイント:リスク回避の円買い継続でドルは上げ渋る可能性
22日のドル・円相場は、東京市場では112円56銭から111円65銭まで下落。欧米市場でドル・円は一時112円17銭まで戻したが、112円00銭で取引を終えた。

本日25日のドル・円は、新規材料に欠ける中、日経平均株価や米長期金利の動きを眺め、112円台前半で推移か。ただ、米朝間の緊張の高まりを背景に有事の円買いも根強く、ドルの上値は限定的とみられる。

米国の年内追加利上げ観測や米長期金利の動きを眺め、ドル買い・円売りが優勢となっている。また、24日に行われたドイツ連邦議会選挙では、メルケル首相が率いる与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が第1党になる見通しとなった。ただ、新興右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)に大躍進を許し、得票率が予想を下回る結果となった。厳しい連立協議に直面するとの見方から、ドル買い・ユーロ売りが優勢となっており、これにつれてドル買い・円売りの動きも強まりそうだ。

ただ、米国防総省は23日、B1爆撃機とF15戦闘機が北朝鮮と韓国の軍事境界線を越えて、北朝鮮の国際空域を飛行したと発表。一方で、北朝鮮の李容浩外相が国連総会での一般討論演説で「米本土全土に我々のロケットが到達することが一層不可避になる」と警告するなど、米朝間の緊張は高まっている。このため、比較的安全資産される円買いは依然根強いことから、ドルは112円台後半で上げ渋る可能性は残されている。



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below