Reuters logo
マザーズ先物概況:反落、需給面の思惑が下支え
2017年9月26日 / 08:11 / 1ヶ月前

マザーズ先物概況:反落、需給面の思惑が下支え


*17:10JST マザーズ先物概況:反落、需給面の思惑が下支え
26日のマザーズ先物は、反落となった。前日比12pt安の1037pt(下落率1.14%)で取引を終えた。なお、高値は1048pt、安値は1037ptであった。北朝鮮外相がトランプ米大統領の発言について「明確な宣戦布告」などと批判したことが伝わり、地政学リスクへの警戒感が広がり、利益確定売りの動きが強まった。出来高は477枚と薄商いとなり、リテールフローによる資金の流れにマザーズ先物が振らされやすくなる傾向がみられた。一方で、政策期待に加え、明日以降の配当権利落ちに伴った信託経由のTOPIX先物買いの流入観測もあり、需給面からの物色波及による思惑がマザーズ先物を下支えした。個別では、マザーズ時価総額上位のそーせい4565やミクシィ2121が下落した。一方で、10月2日よりHAL腰タイプ自立支援用の販売を開始すると発表したサイバーダイン7779は続伸となった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below