Reuters logo
NY株式:ダウ11ドル安、税制改革案発表を控えて様子見
2017年9月26日 / 22:01 / 3ヶ月前

NY株式:ダウ11ドル安、税制改革案発表を控えて様子見


*06:59JST NY株式:ダウ11ドル安、税制改革案発表を控えて様子見
26日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は11.77ドル安の22284.32、ナスダックは9.57ポイント高の6380.16で取引を終了した。昨日に下落が目立ったハイテク株を中心に買い戻しが広がり、買いが先行。アトランタ連銀総裁が12月の追加利上げを支持する姿勢を示したことや、共和党幹部がオバマケア撤廃法案の採決を断念したことが上値を抑えた。明日に発表が予定される税制改革案の内容を見極めたいとの思惑から、引けにかけて上げ幅を縮小し、ダウは下落に転じた。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や耐久消費財・アパレルが上昇する一方で商業・専門サービスや電気通信サービスが下落した。

ソフトウェアのレッドハット(RHT)は、決算内容が好感され、堅調推移。アップル(AAPL)、ネットフリックス(NFLX)、アルファベット(GOOGL)など主要ハイテク株は値ごろ感から買い戻された。鉄鋼大手のUSスチール(X)は神戸製鋼との合弁事業に共同で4億ドルの出資を行うと発表し、上昇。一方で、レストランチェーンのダーデン・レストランツ(DRI)は決算内容が嫌気され、下落した。

マーケット終了後に半導体のマイクロン・テクノロジー(MU)が発表した6-8月期決算は、売上高、一株利益ともに予想を上振れた。時間外取引で上昇して推移している。



Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below