Reuters logo
個別銘柄戦略:政策期待の高まりを背景に関連銘柄への物色強まる
2017年9月29日 / 00:48 / 25日前

個別銘柄戦略:政策期待の高まりを背景に関連銘柄への物色強まる


*09:41JST 個別銘柄戦略:政策期待の高まりを背景に関連銘柄への物色強まる
衆院解散で事実上の選挙戦に突入した。足元では政策期待の高まりを背景に関連銘柄への物色が強まっているほか、海外勢による買いも観測されている。ただし、自民党勝利による「アベノミクス加速」を想定した海外勢による買い戻しの流れについても、小池新党が台風の目となるなか、やや警戒感も意識されてきやすいだろう。


そのため、年初来高値水準ではいったんは利益確定の流れも意識されやすく、日経平均の現在のもち合いレンジである20200-20450円処での推移が続きそうである。また、小康状態である北朝鮮情勢においても、10月10日の朝鮮労働党の創立記念日に合わせたミサイル発射への警戒もあり、積極的な売買は手控えられそうだ。


物色としてはやや手詰まり感のなか、本日上昇する西本WismettacHD、テックポイント、マネーフォワードに関心が集まりやすいだろう。その他、中国の新エネ販売義務化に関連して、EV関連などテーマ性のある銘柄には、引き続き短期資金が向かいやすいと考えられる。個別では強気格付けや格上げが観測されているところで、ユニプレス5949、ダイフク6383、アンリツ6754、理研計器7734、住友電5802、DMG森精機6141、ツガミ6101、小野薬4528に注目。


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below