Reuters logo
選挙戦スタート、世論調査に振らされる相場展開か【クロージング】
2017年9月29日 / 06:53 / 20日前

選挙戦スタート、世論調査に振らされる相場展開か【クロージング】


*15:46JST 選挙戦スタート、世論調査に振らされる相場展開か【クロージング】
29日の日経平均は小幅に下落。6.83円安の20356.28円(出来高概算17億3000万株)で取引を終えた。リバランス需給の影響もあり、売買代金は2兆9564億円に膨らんでいる。28日の米国市場は上昇するも、税制改革案を受けた株価上昇が一服し、様子見ムードの展開となった。国内では衆院解散で事実上の選挙戦に突入。自民党勝利による「アベノミクス加速」を想定した海外勢による買い戻しの流れについても、小池新党が台風の目となるなか、やや警戒感も意識されている。

ただし、日銀のETF買い入れへの思惑や円相場が円安に振れて推移していたこと、月末のリバランス需給の影響もあり、後場に入ると一時プラスに転じる場面もみられた。結局は下落となっているが、リバランスの需給要因の影響もあって、下げ幅を縮めていた。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、過半数を占めてる。セクターでは、医薬品、その他金融、水産農林、非鉄金属が上昇。半面、鉱業、電力ガス、輸送用機器、陸運、金属製品が下落。

来週も引き続きこう着感の強い相場展開が続きそうである。衆議院が28日解散され、各党は、来月10日公示、22日投票の衆議院選挙に向けて、事実上の選挙戦に入った。民進党が希望の党に合流するなど、小池新党が台風の目となる。小池氏は自らの衆院選への出馬については明確に否定しておらず、市場の関心は小池氏の電撃出馬といったところであろう。

小池氏出馬となれば、アベノミクス加速といったシナリオが危うくなり、消費増税の凍結ともなれば、格下げリスク等も警戒されてくる可能性がある。そのため、世論調査などの報道に振らされやすい相場環境になりそうだ。また、週末には防衛関連の一角が動意をみせており、北朝鮮情勢の緊張等も引き続き上値の重しになりそうだ。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below