Reuters logo
米国株見通し:買い先行後はこう着感の強い相場展開に
2017年9月29日 / 11:04 / 2ヶ月前

米国株見通し:買い先行後はこう着感の強い相場展開に


*20:00JST 米国株見通し:買い先行後はこう着感の強い相場展開に
S&P500先物 2507.00(-0.75) (19:50現在)
ナスダック100先物 5945.25(+6.75) (19:50現在)

19:50時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物はまちまちで推移している。また、NYダウは前日比変わらずで推移。欧州市場は小幅であるが全般上昇している。原油先物相場は小幅に上昇して推移。これらの流れを受けて、米株式市場はやや買い先行の展開から始まろう。28日の米株式市場は上昇するも、税制改革案を受けた株価上昇が一服し、様子見ムードの展開となった。

29日についても、買い先行後はこう着感の強い相場展開になりそうだ。大幅な税制改革への期待が高まるなか、効果的な税制改革は起きないとの見方を示すエコノミストも現れており、強弱感が対立しやすい。また、今週は小康状態をみせていた北朝鮮情勢だが、北朝鮮が国内にある工場で長距離弾道ミサイル用の燃料を独自に製造している可能性があると報じられている。さらに、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)関連で北朝鮮軍の兆候がとらえられたとの報道もあり、朝鮮労働党の創立記念日を10月10日控え、北朝鮮情勢の緊張等も引き続き上値の重しになりそうだ。また、来週には雇用統計などの重要な指標の発表を控えており、利益確定に向かいやすいだろう。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below