Reuters logo
個別銘柄戦略:バイオ関連への物色が強まる可能性も
2017年10月2日 / 00:18 / 2ヶ月前

個別銘柄戦略:バイオ関連への物色が強まる可能性も


*09:14JST 個別銘柄戦略:バイオ関連への物色が強まる可能性も


今週は衆議院選挙への思惑等が相場の変動要因になりそうだ。小池新党「希望の党」が台風の目となるなか、衆院選で与党が苦戦して国内政治が不安定化する懸念も浮上している。そのため、世論調査などの報道に振らされやすい相場環境になろう。


その他、先週末には防衛関連の一角が動意をみせていた。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)関連で北朝鮮軍の兆候がとらえられたとの報道もあり、朝鮮労働党の創立記念日を10月10日に控え、北朝鮮情勢の緊張等も引き続き上値の重しになる。トランプ米大統領は、北朝鮮に対話の意思の有無を尋ねていると公言したティラーソン国務長官に「時間の無駄だと伝えた」とツイッターに投稿したと報じられている。


また、医学生理学賞を皮切りにノーベル賞受賞者が発表される。医学生理学では、免疫やゲノム編集の分野で本庶佑京都大特別教授が有力視されている。バイオ関連への物色が強まる可能性がありそうだ。なお、2-6日の中国株式市場は国慶節の祝日のため休場となる。そのため商品相場の動向はこう着感が強まりやすく、資源関連などへの物色は手控えられる可能性がある。


その他、個別で格上げや強気格付けが観測されているところでは、BML4694、ハウス食2810、東レ3402、JCRファーマ4552に注目。


《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below