Reuters logo
NY株式:ダウ152ドル高、銃乱射事件の影響は限定的
October 2, 2017 / 10:50 PM / 2 months ago

NY株式:ダウ152ドル高、銃乱射事件の影響は限定的


*07:40JST NY株式:ダウ152ドル高、銃乱射事件の影響は限定的
 

2日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は152.51ドル高の22557.60、ナスダックは20.76ポイント高の6516.72で取引を終了した。先週トランプ政権が公表した税制改革案の実現期待から投資家心理が改善し、買いが先行。予想を上振れた9月ISM製造業景況指数や米長期金利の上昇も好感され、堅調推移となった。昨夕にラスベガスで発生した銃乱射事件による相場への影響は限られた。セクター別では、自動車・自動車部品や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で食品・飲料・タバコや不動産が下落した。

銃乱射事件を受けて、カジノ・ホテル運営のMGMリゾート・インターナショナル(MGM)やウィン・リゾーツ(WYNN)が下落。一方で、スミス&ウェッソン(SWHC)やスターム・ルガー(RGR)などの銃火器メーカーのは、需要増を見込んだ買いが広がった。ソフトウェア大手のオラクル(ORCL)はクラウド上データベースの保守自動化を発表し、コストがアマゾン(AMZ)の半額となることが好感され上昇。米長期金利の上昇でモルガン・スタンレー(MS)やゴールドマンサックス(GS)などの金融各社が堅調推移となった。

ミネアポリス連銀総裁はインフレ率が2%を達成するまでは、追加利上げを実施すべきではないとの考えを示した。



Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below