Reuters logo
ゴールドマン・サックス、仮想通貨取引支援を検討か【フィスコ・ビットコインニュース】
2017年10月3日 / 22:30 / 13日前

ゴールドマン・サックス、仮想通貨取引支援を検討か【フィスコ・ビットコインニュース】


*07:24JST ゴールドマン・サックス、仮想通貨取引支援を検討か【フィスコ・ビットコインニュース】
ゴールドマン・サックスが、ビットコインなどの仮想通貨取引への支援を提供する準備を進めていることが明らかとなった。

まだスケジュールやビジネスプランなどの詳細は明らかとなっていないものの、広報担当者によれば顧客の仮想通貨への関心の高まりとともに、どのようなサービスを提供することがもっとも望ましいかを探っている状態とのことだ。また、現地の報道によればトレーディング部門だけでなく戦略投資部においても検討が行われているようであり、これは仮想通貨を決済手段としてだけではなく金(ゴールド)などの価値保存手段として見ている可能性も示唆するものといえる。

ゴールドマン・サックスのアナリストは8月に顧客へ寄せたビットコインの価格予想で4,800ドルまで到達するとしており、この予想は9月初頭に実現することとなった。これ以前にも、今年に入ってからゴールドマン・サックスは顧客へ向けて価格予想を渡すなどのサービス提供を行ってきていたことがうかがえる。

9月にはJPモルガンのCEOが「ビットコインは詐欺」と発言して話題を呼んだ他、中国や韓国がICO(Initial Coin Offering、仮想通貨技術を利用したトークンによるクラウドファンディングの一種)を禁止し、仮想通貨取引規制も強化するなどの動向があったが、アメリカでは9月末にOverstockという大手オンラインショップの子会社が米国証券取引委員会(SEC)と米国金融業規制機構(FINRA)の監督の下で「有価証券」と分類されたトークンの代替的取引システム(ATS)の提供へ向けて動くなど積極的な取り組みが続いている。


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below