Reuters logo
個別銘柄戦略:不動産など出遅れセクターへの見直しか
2017年10月4日 / 00:11 / 20日前

個別銘柄戦略:不動産など出遅れセクターへの見直しか


*09:09JST 個別銘柄戦略:不動産など出遅れセクターへの見直しか
3日の米国市場は、米景気に楽観的な見方が広がり買い先行となり、9月新車販売台数が予想を上回ったことが好感され、連日で最高値を更新している。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比75円高の20675円となった。円相場は1ドル112円80銭辺りでの推移に。


シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買いが先行となり、年初来高値を更新しよう。その後は米雇用統計の前哨戦となるADP雇用報告を控えていることもあり、様子見姿勢が強まりやすいだろう。ただし、インデックスに絡んだ商いが中心であり、指数インパクトの大きい値がさ株が指数を押し上げていることから、薄商いの中で上昇しやすい地合いである。


また、不動産など出遅れセクターへの見直しも強まっており、リバランスとは言え需給状況は良好であろう。ただし、インデックス売買が中心であるため、中小型株へは資金が向かいづらく、中小型株については高安まちまちの展開になりそうだ。ビットコインやEV・次世代電池関連といったテーマ株の一角に商いが集中することになろう。個別ではテイカ(4027)、東京都競馬(9672)、オークマ(6103)、写真印刷(7915)に強気格付けが観測されている。



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below