Reuters logo
ファーストリテのインパクトに振らされる【クロージング】
2017年10月4日 / 06:56 / 16日前

ファーストリテのインパクトに振らされる【クロージング】


*15:53JST ファーストリテのインパクトに振らされる【クロージング】
4日の日経平均は小幅に続伸。12.59円高の20626.66円(出来高概算16億6000万株)で取引を終えた。3日の米国市場は、米景気に楽観的な見方が広がり買い先行となり、9月新車販売台数が予想を上回ったことが好感され、連日で最高値を更新。この流れを引き継いだ日経平均は連日で年初来高値を更新している。しかし、高値圏でのこう着が続く中、後場寄り付き直後に20689.08円まで上昇すると、その後は急速に値を消す格好となり、一時20600円を下回る場面もみられた。大引けではインデックスに絡んだ買いから、辛うじてプラス圏を回復している。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、過半数を占めている。セクターでは、水産農林、その他金融が同率で上昇率トップとなり、鉄鋼、機械、食料品、精密機器がしっかり。半面、石油石炭、鉱業、輸送用機器、ゴム製品、建設、海運が冴えない。指数インパクトでは、ファーストリテ9983が後場に入り弱含みとなった影響が大きい。

日経平均は前日終値を挟んでのこう着となった。前場にけん引していたファーストリテ9983が後場に入り下げに転じており、これが日経平均に影響している。それだけインデックス売買に限られており、全体としては模様眺めムードが強かったとみられる。マザーズは続落、JASDAQは6営業日ぶりに反落。円相場では円安が一服、米雇用関連の指標発表を控えているほか、北朝鮮情勢を巡る警戒感、衆院選を控えての政治運営リスクといった手控え要因もあるだろう。利食いが出やすい状況のなか、物色は相対的に出遅れている銘柄やセクターに向かいやすいだろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below