Reuters logo
NY株式:ダウ19ドル高、利益確定の売りが上値抑える
2017年10月4日 / 22:22 / 2ヶ月前

NY株式:ダウ19ドル高、利益確定の売りが上値抑える


*07:15JST NY株式:ダウ19ドル高、利益確定の売りが上値抑える
4日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は19.97ドル高の22661.64、ナスダックは2.91ポイント高の6534.63で取引を終了した。ハリケーンの影響があったにも関わらず、9月のADP雇用統計が予想に一致したほか、ISM非製造業景況指数も堅調な内容となり、買いが先行。米景気への期待が相場を支える一方で、連日の上昇を受けて高値警戒感が広がっており、利益確定の動きから上値の重い展開となった。セクター別では、公益事業や不動産が上昇する一方で商業・専門サービスや銀行が下落した。セクター別では、公益事業や不動産が上昇する一方で商業・専門サービスや銀行が下落した。

製薬のマイラン(MYL)は、多発性硬化症治療薬剤のジェネリック医薬品が米食品医薬品局(FDA)の認可を受け、大幅上昇。一方で同ブランド医薬品開発元のテバ・ファーマスーティカル・インダストリーズ(TEVA)が急落。電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)は野村証券の買い推奨を受け、堅調推移。動画配信サービスのネットフリックス(NFLX)はUBSの目標株価引き上げを受け、買われた。一方で、事務用品小売のオフィスデポ(ODP)は通期の利益見通しを下方修正したほか、ITサービス会社を10億ドルで買収する計画が嫌気され、大幅下落となった。

通信大手のTモバイルUS(TMUS)とスプリント(S)は、合併協議に関して交換比率をTモバイル株1株に対してスプリント株を7.5-8株とすることで合意したようだ。しかしながら、Tモバイルの一部株主はこの交換比率を不服としている模様。早ければ今月下旬に正式発表されるとの見方が広がっている。



Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below