Reuters logo
今週の【JASDAQ市場】10月2日~6日『週初は好調で連日の年初来高値更新も、イベント控え上値の重い展開に』
2017年10月8日 / 03:13 / 2ヶ月前

今週の【JASDAQ市場】10月2日~6日『週初は好調で連日の年初来高値更新も、イベント控え上値の重い展開に』


*12:07JST 今週の【JASDAQ市場】10月2日~6日『週初は好調で連日の年初来高値更新も、イベント控え上値の重い展開に』
【続伸、日プロセスやシライ電子に関心】2日(月)

■概況■3620.55、+27.45
2日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Indexが続伸、JASDAQ-TOP20は反落となった。値上がり数は427、値下がり数は222、変わらずは63。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。その後は終日堅調な値動きとなった。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。

◆注目銘柄◆
日プロセス9651がストップ高で上昇率トップ。18年5月期の上期業績予想を上方修正。営業利益については1.70億円から2.60億円と大幅に引き上げた。加えて、1株につき2株の割合で実施する株式分割、発行済株式数の7.4%に相当する自己株式消却の発表も支援材料となった。

シライ電子6658は急騰。スズキ7269がトヨタ自7203やマツダ7261が設立した電気自動車(EV)の技術を開発する新会社に参加する検討に入ったと一部メディアで報じられた。また、その他には日野自動車7205やSUBARU7270も参加検討とされEV展開の拡大も一段と期待されるなか、これが同社などEV関連株の刺激材料になったようだ。

富士ソフトサービスビューロ6188は一時ストップ高。日本年金機構からの業務受託を発表している。カルナバイオ4572は、ノーベル化学賞を巡り思惑買いが向かったもよう。その他、和井田製作所6158、小田原機器7314、システム情報3677、オンキヨー6628などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------

【小幅続伸、アルファがストップ高で上昇率トップ】3日(火)

■概況■3629.13、+8.58
3日(火)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均は続伸、J-Stock Indexは反落、JASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり数は377、値下がり数は267、変わらずは66。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始したが、寄付きを高値に上げ幅を縮小。ただ、前日終値水準での下げ渋りをみせ、再びじりじりと広げる展開となった。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。

◆注目銘柄◆
アルファ4760がストップ高で上昇率トップ。17年8月期業績の上方修正と期末配当の増額が材料視された。純利益見通しは1.20億円から1.70億円へと引き上げた。採算重視の取引を推進したことやコスト削減に努めたことなどが奏功。また、期末配当予想は1株当たり6.00円から7.00円に増額している。

SAMURAI4764もストップ高。主力製品の1つである異種DBレプリケーションソフトウェア「FC Replicator2」の新規受注を発表し関心を集めた。大手自動車メーカーから研究開発管理データベースの複製環境を容易に構築できる点について高く評価されたようだ。17年8月期業績の上方修正と期末配当の増額を発表し、KTK3035もストップ高。営業利益見通しは1.50億円から2.11億円へと引き上げ、期末配当予想は1株当たり5.00円から12.00円に修正している。

テックビューロ社が手掛けるICOソリューション「COMSA」が2日から本格実施され、3日の11時40分時点で調達額はおよそ60億円を突破したとの一部メディア報道もあるなか、カイカ2315やマザーズのインフォテリア3853などCOMSA関連の一角にも物色が向かった。その他、シンワアート2437、シライ電子6658、和井田製作所6158、新都HD2776などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------

【反落、前日に急騰していたKTKが急落】4日(水)

■概況■3617.99、-11.14
4日(水)のJASDAQ市場では、、JASDAQ平均は反落、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり数は260、値下がり数は372、変わらずは72。JASDAQ平均は小幅ながら買い先行で取引を開始。わずかに年初来高値を更新したものの、すぐにマイナスに転じると一時3613.93円まで下げ幅を広げた。なお、再度切り返しを見せたものの、後場には日経平均が崩れたこともあり、そのままマイナス圏で取引を終えている。

◆注目銘柄◆
プロルート8256が上昇率トップ。ホリイフード3077は、ペッパー3053の株価急伸が刺激材料になったようだ。韓国は「秋夕(中秋節)」の連休を迎えている(今年は10月3~6日)。北朝鮮が連休中やその前後に挑発をした例がある他、追加挑発が警戒されている朝鮮労働党の創立記念日(10月10日)も近づくなか、警戒感も高まっているもようで、細谷火工4274など防衛関連の一角には物色も。また、足元ではロシア通信大手が北朝鮮に対してネット接続サービスの提供を開始したと伝わっており、「サイバー攻撃を行う能力を増強した」と見ている一部専門家もいるようだ。

ANAP3189は、bitFlyerよりビットコイン決済サービスの提供を受け、10月4日から原宿竹下通りの4店舗に導入開始と発表している。「アインシュタインからの最後の宿題」と言われていた「重力波」を世界で初めて観測した米国研究者3人にノーベル物理学賞が授与されたことで、シグマ光機7713などには思惑買いも向かったもよう。野村マイクロ6254は、サムスンに関する報道で思惑買いが向かい、一時前日比83円高の1065円まで上昇。その他、シンワアート2437、アイビー化粧品4918、新都HD2776、No.13562などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------

【続落、本日IPOの大阪油化工業は初値形成後はストップ高に】5日(木)

■概況■3601.48、-16.51
5日(木)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり数は224、値下がり数は413、変わらずは65。JASDAQ平均は売り先行で取引を開始。寄り付き後に一時プラス圏に切り返す場面も見られたものの、日経平均の上げ幅縮小にともなってJASDAQ平均は下げ幅を広げる展開で、大引けにかけて一段安となった。

◆注目銘柄◆
オーネックス5987が上昇率トップ。短期資金の関心が向かったもよう。夢真HD<2362
>は、18年9月期純利益が前期推定比で約2倍の29億円程度になる見通しだと一部メディアが報じている。4期ぶりに過去最高を更新するもようで、材料視されたようだ。任天堂7974は5日、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を発売しており、シライ電子6658など任天堂関連とされる銘柄の刺激材料になったようだ。なお、一部報道によれば、全国の家電量販店などで予約が殺到しているという。

リーバイス9836は、親会社からのロイヤリティ返還で17年11月期純利益見通し引き上げたことが好感された。日本サード2488は、LINE3938が提供する法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」の問い合わせ自動回答AI(人工知能)エンジンとして、「IBM Watson 日本語版」を活用した「Third AIコンタクトセンターソリューション」をソフトバンクと共同で販売すると発表し、関心を集めた。その他、KYCOM9685、大木ヘルスHD3417、IXナレッジ9753、栄電子7567などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------

【反発、終日こう着感の強い展開】6日(金)

■概況■3607.20、+5.72
6日(金)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20は反発、J-Stock Indexが続落となった。値上がり数は309、値下がり数は318、変わらずは67。JASDAQ平均は小幅に売り先行で取引を開始。その後即座にプラス圏を回復したものの、3連休や米雇用統計の発表、北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日を控えて、終日こう着感の強い展開となった。

◆注目銘柄◆
栄電子7567が上昇率トップ。半導体関連として短期資金の関心を集める。シライ電子6658は、EV&任天堂7974関連としてテーマ株物色の流れが継続。フライングG3317は、9月度の既存店売上高が前年同月比11.5%増と。レイ4317は、一時397円まで上昇し年初来高値を更新。18年2月期の上期の業績予想を上方修正したことが材料視された。なお、営業利益見通しは従来の0.90億円から1.87億円へと引き上げている。アエリア3758は、これまで未定としていた17年12月期の期末配当予想を1株当たり10.00円に修正している(前期は株式分割考慮後で5.00円)。株主還元を評価する流れに。その他、SAMURAI4764、RISE8836、和井田製作所6158、アイケイ2722などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below