Reuters logo
今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆スペイン政治不安で132円台半ば近辺で上げ渋る状態が続くか
2017年10月8日 / 23:09 / 11日前

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆スペイン政治不安で132円台半ば近辺で上げ渋る状態が続くか


*08:05JST 今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆スペイン政治不安で132円台半ば近辺で上げ渋る状態が続くか
ユーロ・ドルは、1.1714ドル(2015/8/24)まで反発した後に1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は9月の理事会で金融緩和策縮小を検討するとの思惑などで1.2092ドル(2017/08/29)まで上昇した。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から134円41銭(2017/09/22)まで買われたが、スペイン・カタルーニャ自治州の独立問題を巡ってユーロの上値は重くなっている。


本日9日のユーロ・円は、132円前後で推移か。スペインの政治不安は払拭されていないため、新たな円売り材料が提供されない場合、ユーロの対円レートは132円台半ば近辺で上げ渋る状態が続くとみられる。

【ユーロ売り要因】
・スペイン・カタルーニャ自治州などのユーロ圏諸国の政治不安
・米税制改革協議の進展
・ECBはユーロ高を懸念しているとの見方

【ユーロ買い要因】
・ECBは10月にもQE縮小計画を発表する見込み
・ユーロ圏の景況感改善
・ユーロ圏のインフレ鈍化懸念はやや後退


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below