Reuters logo
リップル、XRPをブリッジ通貨とした金融機関の実送金がスタート【アルトコイン評価ニュース】
October 12, 2017 / 4:29 AM / 2 months ago

リップル、XRPをブリッジ通貨とした金融機関の実送金がスタート【アルトコイン評価ニュース】


*13:22JST リップル、XRPをブリッジ通貨とした金融機関の実送金がスタート【アルトコイン評価ニュース】
リップル社によれば、メキシコの金融機関Cuallix社がリップルのXRPを経由して米国—メキシコ間の国際送金を成功させたという。XRPを利用した金融機関による国際間の実送金の第一弾となる。

リップル社のホームページでは、Cuallix社の「我々のビジネス、そして我々の顧客の生活は私たちがいかにマイクロペイメントをメキシコまで簡単にかつ素早く送ることができるかに依存しています。xRapidによって、私たちはXRPを通して流動性を調達し、数秒の間に国際送金を完了することができます」というコメントを発表している。

同社では、流動性の問題を解決し、送金時間を短縮するとともに送金コストを低減することを目的としてXRPが活用されている。Cuallix社の米国からメキシコへの送金は国境を跨ぐ送金をXRPで行う初めての例となったが、現在XRPを用いた国際送金は広く注目され始めている。

リップルの法人向けブロックチェーンネットワークRippleNetは、国際送金への活用を目的として10月10日時点で100以上の金融機関が参加する大規模なものとなった。その確実性や低コストゆえに選ばれているようだが、ネットワークを活用するメンバーは小口送金市場に事業拡大する機会を得る狙いだ。また、商業向け送金をより迅速かつ簡単に行うという目的もあるようだ。

リップルは引き続き、精力的に商品やサービスの区別化を図り世界の主要な金融機関と積極的に提携する姿勢をみせている。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below