Reuters logo
東京為替:ドル・円は弱含み、ユーロ・ドルの上昇で
2017年10月13日 / 03:14 / 7日前

東京為替:ドル・円は弱含み、ユーロ・ドルの上昇で


*12:09JST 東京為替:ドル・円は弱含み、ユーロ・ドルの上昇で
13日午前の東京市場でドル・円は弱含み。ユーロ・ドルの上昇基調に反応し、ドルが下押しされる展開となった。今晩の米9月消費者物価指数(CPI)など重要経済指標の発表を控え様子見ムードが広がるなか、ドルは朝方の取引で12円31銭まで上昇。また、日経平均株価の21000円台上乗せを手がかりに、リスク選好的なドル買い・円売りの流れが続いた。

ただ、ユーロ・ドルが1.1850ドル台に持ち直した影響でドルが下押しされた。一方、ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いが続いており、日本株高継続をにらんだ円売り基調に振れやすいほか、米金利の持ち直しでドルの下値は堅そうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円02銭から112円31銭、ユーロ・円は132円73銭から132円89銭、ユーロ・ドルは1.1825ドルから1.1851ドルで推移した。

【要人発言】

・豪準備銀(金融安定化報告)

「低金利と所得の伸び悩みのなかで家計の債務増加が主要なリスク」

・関係者(報道)

「ECBは資産買入れプログラムを来年1月から毎月300億ユーロに減額を検討」

「ECBは少なくとも来年9月までのQE延長の可能性」

【経済指標】

・日・9月マネーストックM3:前年比+3.4%(予想:+3.4%、8月:+3.4%)


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below