Reuters logo
今日の為替市場ポイント:総選挙前で様子見姿勢強まる
2017年10月19日 / 23:37 / 1ヶ月前

今日の為替市場ポイント:総選挙前で様子見姿勢強まる


*08:30JST 今日の為替市場ポイント:総選挙前で様子見姿勢強まる
19日のドル・円相場は、東京市場では113円09銭から112円65銭で推移。欧米市場ではドルは112円74銭から112円30銭まで下落し、112円54銭で取引を終えた。

本日20日のドル・円は、112円台半ばで推移か。次期米連邦準備制度理事会(FRB)議長人事をめぐる思惑や米長期金利の低下などを背景にドル売りが強まっている。22日の衆院選投開票を控えて模様眺めムードも広がり、112円台半ばの狭いレンジ内取引となりそうだ。

次期FRB議長の人事をめぐり、トランプ米大統領は「ハト派」寄りのパウエルFRB理事を指名すると報じられた。パウエル氏についてはムニューシン財務長官も次期FRB議長として強く推していると報じられている。このため、市場では現状の金融政策が維持されるとの思惑から、ドルの売り圧力が強まった。また、カタルーニャ州の独立をめぐるスペインの政局不安から、米長期金利が低下したことも、ドル売り・円買いを促している。

なお、22日の衆議院総選挙の結果を慎重に見極めたいとの理由で、投資家の間ではリスク選好的なドル買い・円売りを手控える動きが出ているようだ。日中は1988年2月以来となる13連騰を記録した日経平均株価の動向を意識した取引が主体になるとの見方が多い。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below