Reuters logo
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家PIPE-gii:独自総合指数で今週を分析!!
2017年10月23日 / 00:47 / 1ヶ月後

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家PIPE-gii:独自総合指数で今週を分析!!


*09:44JST 【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家PIPE-gii:独自総合指数で今週を分析!!
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家PIPE-gii氏が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人と連携し、より多様な情報を投資家に向けて発信しております。

-------

※2017年10月23日8時に執筆

■算出根拠となる独自総合指数値は、2.590(前日比↑) :(前日2.483)
◆米10年債金利:2.383(前日比↑)
◆米2年債金利:1.576(前日比↑)
◆米10・2年債金利差:0.807(前日比↑)
◆日米10年金利差: 2.310(前日比↑)
◆ドル円: 113.88円(前日比↑)
◆NY金:1,279.29(前日比↓)
◆シカゴ日経: 21,555円(前日比↑)

■今週の日経平均株価予想(10月23日~10月27日)
始値:21,700円(先週末比↑)
高値:22,000円(先週末比↑)
安値:21,500円(先週末比↑)
終値:21,700円(先週末比↑)

■今週の日経平均株価予想
NY市場は米10年債金利とドル円は上昇、シカゴ日経225先物は21,555円(大阪比105円高)で終えています。独自総合指数は、今期の最高値圏を大幅(2.548)に更新。始値は21,700円辺りで始まり、高値は22,000円辺りと予想。高値圏では、利益確定売りと地政学リスクも意識され上値は重いでしょう。週間では21,500円辺りまで下げる場面もあると見ていますが、安値圏では、押目買いが期待できるでしょう。終値は、下落幅を縮めて21,700円辺りまで戻し、5日移動線(21,389円)が支持線として機能して、先週末を上回って終わる展開を想定しています。その他、ドル円は3日移動線(112.85円)支持線を形成する展開を想定、安値112.62円辺りから高値114.50円辺りのレンジを予想。高値圏では、利益確定売りで上値は重いものの、安値圏では、押目買いが入ることも期待されるでしょう。地政学リスク要因次第では大きく動く場面もありそうです。

■今週予想参考の注目指数(10週目)
先週から週明けは、米10年債金利は↑(2.320→2.383)まで上昇、NY金は↓(1,298.30→1,279.29)まで下落して乖離幅が縮まっています。米国の2018年度予算案が可決、税制改革法案の進展が好感されたものの、米10年債金利は上昇しNY金は下落しましたがボラティリティは限定的でした。17年10月6日に米10年債金利は2.402まで上昇した後、2.383辺りで推移しています。一方、NY金価格は、1,263.56まで下落してから1,279.29辺りで推移しています。FRB議長人事待ちと地政学リスク要因が意識されたこともあってか、米10年債金利は、節目ラインの2.400を上回れずにいて、ここを上抜け出来るかがポイントになるでしょう。NY金の下落幅は限定的と想定し、節目の1300.00ラインがリスクオン・オフの判断材料になると見ています。また、リスク要因次第ではNY金のボラティリティが拡大するでしょう。

■独自総合指数とは
総合指数は、2015年1月から、米10年債金利、米2年債金利、日10年債金利・無担保コール金利、ドル円、NY金、CRB、ダウ先物、SP500先物、単純・加重利回り等のデータをリアルタイム収集しています。15年1月を1.00倍とし、各先行指数の倍率を計算(指数化)し、米10年債金利を基本値に、連動性・乖離性の組合せを数値化、その他のデータ等を足し合せて、計算した結果の数値です。約1.5年間かけ完成しました(現在もブラッシュアップ中)。この指数を基に、日経平均株価予想値を算値しています。

-------
執筆者:PIPE-gii
ブログ:独自総合指数で金融市場を分析する!!
※毎朝8時半前後に更新



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below