Reuters logo
後場に注目すべき3つのポイント~日経平均15連騰、主力大型株からの需給変化を見極める必要
2017年10月23日 / 03:27 / 1ヶ月後

後場に注目すべき3つのポイント~日経平均15連騰、主力大型株からの需給変化を見極める必要


*12:21JST 後場に注目すべき3つのポイント~日経平均15連騰、主力大型株からの需給変化を見極める必要
23日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均15連騰、主力大型株からの需給変化を見極める必要
・ドル・円は113円77銭、上昇一服、日本株は強含み
・FRB正副議長人事、テイラー教授、パウエルFRB理事、両氏の起用も選択肢

■日経平均15連騰、主力大型株からの需給変化を見極める必要

日経平均は15営業日続伸。200.61円高の21658.25円(出来高概算8億株)で前場の取引を終えた。衆院選は自公が3分の2を超える圧勝となった。これについては予想通りであり、市場は織り込み済みとなるが、アベノミクス加速や長期安定政権を評価した買いが向かい、日経平均は21700円に乗せて始まった。買い一巡後は利益確定の動きもあり、上げ幅を縮めているが、21600円を上回っての底堅い値動きが続いている。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1600を超えており、全体の8割近くを占めている。セクターではパルプ紙、保険、鉄鋼、電気機器、鉱業、金属、機械が上昇。半面、空運、サービス、不動産が小安い。インデックスに絡んだ商いが中心となり、ソフトバンクG9984、東エレク8035、ファナック6954、ファーストリテ9983の4社で日経平均を約62円押し上げている。

日経平均は15連騰という新記録達成は確実だろう。よりセンチメントが高まりやすく、先高観が強まることになりそうだ。買い一巡後は利食いの動きがみられているが、インデックスに絡んだ売買が中心のため、海外勢の資金流入が継続している需給状況では、先高観は強いだろう。一方で、日経平均が上げ幅を若干縮めているが、依然として高値圏での底堅い値動きをみせるなか、中小型株にはなかなかシフトしづらい面もありそうだ。

中小型株の一角には資金が向かっているが、足元調整による自律反発の域にもみられる。まずは主力大型株からの需給変化を見極める必要があろう。いずれ中小型株へのシフトを想定し、出遅れ感のある銘柄等への押し目拾いのスタンスとみておきたい。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は113円77銭、上昇一服、日本株は強含み

23日午前の東京市場でドル・円は失速。22日の衆院選で与党圧勝を受け、日本株の強含みでドル買い・円売り先行となったが、ドルの上昇は一服した。

衆院選の結果を受け日経平均株価が前週末比200円超高の堅調地合いで推移し、ドルは一時114円10銭まで値を切り上げた。ただ、その後はドル買い一服となり、下げに転じた。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いが続き、目先の日本株高継続を見込んだリスク選好的なドル買い・円売りの流れに変わりはない。ただ、利益確定売りも出やすく、目先は上値の重い展開となりそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円74銭から114円10銭、ユーロ・円は133円87銭から134円13銭、ユーロ・ドルは、1.1751ドルから1.1765ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・双信電機6938やカーメイト7297がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

■経済指標・要人発言

・米報道官
「FRB正副議長人事、テイラー教授、パウエルFRB理事、両氏の起用も選択肢」

・メスター・クリーブランド連銀総裁
「自身の予測では経済が一段と強まるため、政策金利は中間見通しに比べ強い利上げを予想」
「失業率は、一段と低下する可能性も」
「緩やかな利上げに満足」
「長期金利は上昇すると予想」

・トランプ米大統領(Foxビジネス)
「イエレンFRB議長を非常に気に入っている」
「次期FRB議長で3名を検討、ほかにも1、2名」



☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・14:00 8月景気動向指数改定値・先行(速報値:106.8)

<海外>
特になし



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below