Reuters logo
個別銘柄戦略:やや利食い優勢の展開か、安川電に注目
2017年10月24日 / 00:13 / 1ヶ月前

個別銘柄戦略:やや利食い優勢の展開か、安川電に注目


*09:04JST 個別銘柄戦略:やや利食い優勢の展開か、安川電に注目
24日の日本株市場はやや利食い優勢の展開になりそうだ。23日の米国市場は米主要決算や税制改革への期待感から買いが先行したが、その後は利益確定の流れとなった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円安の21650円となり、シカゴ先物にサヤ寄せする格好から利食い先行になろう。ただ、前日まで日経平均は15連騰で最長記録を更新したこともあり、心理的にもいったんは達成感が意識されやすいところであろう。また、決算発表が本格化する中、昨日大引け後に決算を発表した安川電6506が、内容は評価するも高値圏に位置することから、利益確定に向かいやすいと考えられる。もっとも、海外投資家によるインデックスに絡んだ売買での上昇が続いており、下値の堅さは意識されやすいだろう。また、インデックス主導による主力大型株が中心の上昇だったため、中小型株の出遅れ感も目立つ。日経平均が過熱感から高値圏での日柄調整となるようだと、出遅れ感が目立つ中小型株に物色の矛先が向かう可能性もあろう。決算本格化で来期の高い増益率が見込まれる銘柄等への選別物色も意識されてくる。個別では三越伊勢丹ホールディングス3099、TOKAIホールディングス3167、ホギメディカル3593、日本製紙3863、レンゴー3941、大和工業5444、荏原製作所6361、竹内製作6432に注目。
《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below