Reuters logo
個別銘柄戦略:日経平均は節目の22000円を意識したスタンスに
2017年10月25日 / 00:25 / 1ヶ月後

個別銘柄戦略:日経平均は節目の22000円を意識したスタンスに


*09:24JST 個別銘柄戦略:日経平均は節目の22000円を意識したスタンスに
25日の日本株市場は買い優勢の展開となろう。24日の米国市場では主要企業決算が堅調な内容となり買いが先行し、製造業PMIが予想を上振れたほか、税制改革への期待から堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比95円高の21905円となり、これにサヤ寄せする格好から連日で年初来高値を更新。押し目待ちに押し目なし、との心理状態のなか、日経平均は次のターゲットとなる節目の22000円や、月足形状でみた1996年6月辺りの高値22600円処を意識したスタンスを取ることになりそうだ。

決算発表が本格化する中、安川電6506の決算反応から慎重姿勢につながるかに思えたが、ファナック6954辺りに利益確定の流れが波及した程度であった。一方で、昨日決算を発表した日本電産6594はADRでは100円高程度と堅調。また、米キャタピラーは好調な決算が評価されており、コマツ6301、日立建機6305、ヤマシンフィルタ6240などへの波及が期待されそうだ。

その他、足元の上昇では海外投資家によるインデックスに絡んだ売買からの主力大型株主導だったこともあり、出遅れている参加者も多いだろう。次第に中小型株など出遅れ感の強い銘柄のほか、足元調整をみせていた銘柄等には、いち早くリバウンドを狙った資金が流入しやすいとみられる。個別では格上げ等が観測されているデンソー6902、NTT9432、JSR4185、竹内製作所6432に注目。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below