Reuters logo
後場に注目すべき3つのポイント~主力大型株主導、材料株の一角にも注目
2017年10月25日 / 03:30 / 25日後

後場に注目すべき3つのポイント~主力大型株主導、材料株の一角にも注目


*12:27JST 後場に注目すべき3つのポイント~主力大型株主導、材料株の一角にも注目
25日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は17営業日続伸、主力大型株主導も、テーマ性のある材料株の一角にも動意
・ドル・円は113円89銭、下げ渋り、日本株の持ち直しで
・値上がり寄与トップはダイキン工業6367、同2位は日東電工6988

■日経平均は17営業日続伸、主力大型株主導ながらも、テーマ性のある材料株の一角にも動意みられる

日経平均は17営業日続伸。25.61円高の21830.78円(出来高概算10億株)で前場の取引を終えた。24日の米国市場では主要企業決算が堅調な内容となり買いが先行し、製造業PMIが予想を上振れたほか、税制改革への期待から堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比95円高の21905円となり、これにサヤ寄せする格好から、日経平均は連日で年初来高値を更新して始まった。

その後は利益確定の動きもあり、上げ幅を縮めると、一時21784.21円と下げに転じる場面もみられている。しかし、押し目買い意欲は強く、再びプラス圏での推移と、底堅い相場展開となっている。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、過半数を占めている。セクターでは、銀行、保険、倉庫運輸、非鉄金属、その他製品、機械、鉄鋼が上昇。一方で、医薬品、電力ガス、食料品、不動産が利食いに押されている。

日経平均は21900円を回復して始まり、その後は高値圏でのこう着となっている。過熱感が警戒されやすいほか、決算発表が本格化する中、いったんは利益確定を進めておきたいところであろう。とはいえ、決算については昨日の安川電6506が本日も利食い優勢であるが、日本電産6594など評価する動きがみられている。また、米キャタピラー決算を受けて、コマツ6301、ヤマシンフィルタ6240が強含みとなるなど、地合いの良さがうかがえる。過熱感を警戒しつつも、出遅れている銘柄やセクター、業績期待の大きい銘柄への物色意欲は強いだろう。

また、主力大型株主導ながらも、テーマ性のある材料株の一角にも動意がみられている。物色に広がりがみられてきており、中小型株への関心も次第に高まってきそうだ。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は113円89銭、下げ渋り、日本株の持ち直しで

25日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。日経平均株価が下げに転じたものの、その後持ち直したことでドルを下支えした。

欧州中銀(ECB)理事会や米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事を控え積極的に動きづらいなか、米金利の上昇を背景にドル買い基調が続く。

16連騰中の日経平均株価は前場に一時下げに転じ、ドルは113円75銭までやや値を下げる展開となった。ただ、日経平均はその後プラス圏に回復し、ドルは113円80銭台でもみあった。

ランチタイムの日経平均先物はプラス圏で推移しており、目先の日本株高継続への期待から、リスク選好的な円売りが観測される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円75銭から113円98銭、ユーロ・円は133円78銭から134円11銭、ユーロ・ドルは1.1753ドルから1.1770ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・オウチーノ6084やGFA8783がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはダイキン工業6367、同2位は日東電工6988

■経済指標・要人発言

・スコット上院議員
「トランプ大統領が、FRB議長候補に関して共和党上院議員の挙手投票を実施」
「テイラー氏、パウエルFRB理事、イエレンFRB議長の中で、テイラー氏が勝ったようだ」

・ライアン米下院議長
「トランプ大統領と、コーカー上院議員との対立が税制改革に影響を与えることはない、コーカー上院議員は税制改革を支持する」
「我々は、税制改革実施することに焦点」
「米国企業に公平な場を与える」
「下院は感謝祭までに税制改革を承認」
「税制改革は勤労世帯向け」
「予算承認で、税制改革の実施に向けて勢いがついた」
「11月1日に税制改革案を発表」

・トランプ米大統領
「我々の税制改革で4兆ドルの利益が生まれる」

・ロス米商務長官
「税制改革案は年末までに成立へ」

・ファリハ・サウジアラビア・エネルギー産業鉱物相
「OPEC主導の協調減産合意については、柔軟であり、選択肢はオープン」



☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
特になし

<海外>
特になし


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below