Reuters logo
NY株式:ダウ33ドル高、主要ハイテク決算を好感
2017年10月28日 / 01:30 / 25日後

NY株式:ダウ33ドル高、主要ハイテク決算を好感


*10:29JST NY株式:ダウ33ドル高、主要ハイテク決算を好感
27日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は33.33ドル高の23434.19、ナスダックは144.49ポイント高の6701.26で取引を終了した。複数の主要ハイテク決算が予想を上振れたことが好感され、買いが先行。高値警戒感から上値は限られたものの、7-9月期GDP速報値が予想を上振れたほか、原油相場の上昇が好感され、堅調推移となった。セクター別では、小売や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で食品・生活必需品小売や自動車・自動車部品が下落した。

主要ハイテク株であるアマゾン(AMZN)、アルファベット(GOOGL)、マイクロソフト(MSFT)、インテル(INTC)は決算内容が好感され、軒並み上昇。製薬のアッヴィ(ABBV)は狩猟食薬の売上見通しを上方修正し、堅調推移。一方で、百貨店のJCペニー(JCP)は9、10月の減益を示唆し、大幅下落。メーシーズ(M)やコールズ(KSS)も連れ安となった。玩具メーカーのマテル(MAT)は決算内容が嫌気され下落した。

本日、携帯端末のアップル(AAPL)は11月3日に発売となる新製品「iPhoneX(テン)」の予約受付を開始した。既に世界各国で初回出荷分は売り切れとなっており、米国では現在約5週間待ちとなっている。高価格である同機種の販売は株価にも影響を与えるため、今後の動向に注目したい。



Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below