Reuters logo
今週の【日経平均】10月23日~27日『16連騰で最長記録更新』
2017年10月29日 / 00:52 / 25日前

今週の【日経平均】10月23日~27日『16連騰で最長記録更新』


*09:47JST 今週の【日経平均】10月23日~27日『16連騰で最長記録更新』
【史上初の15連騰、与党圧勝でアベノミクス加速】23日(月)

■概況■21696.65、+239.01
23日(月)の日経平均は15日続伸。衆院選は自公が3分の2超える圧勝となった。これについては予想通りであり、市場は織り込み済みとなるが、アベノミクス加速や長期安定政権を評価した買いが向かい、日経平均は21700円に乗せて始まった。その後はこう着感が強まっていたが、後場に入り上げ幅を広げるなど、海外投資家と見られるインデックス買いが断続的に入るなか、指数インパクトの大きい値がさ株が指数を押し上げている。

大引けの日経平均は前日比239.01円高の21696.65円となった。先週末には1960年12月21日から1961年1月11日にかけての最長記録となる14連騰に並んだが、本日の15連騰により、過去最長記録を更新した。東証1部の売買高は15億8207万株、売買代金は2兆5942億円だった。業種別では、パルプ紙、鉄鋼、電気機器、化学、保険、鉱業Yが上昇率上位。一方、空運のみが下落だった。


◆注目銘柄◆
enish3667がインデックスファンドを除いて売買代金トップ。任天堂7974、三菱UFJ8306、ソフトバンクG9984、SUMCO3436、東エレク8035ファーストリテ9983、信越化4063、日本電産6594、キーエンス6861が堅調。インデックスに絡んだ商いが中心であり、指数インパクトの大きい値がさ株の強さが目立つ。


--------------------------------------

【16連騰に記録更新、出遅れセクターへの物色】24日(火)

■概況■21805.17、+108.52
24日(火)の日経平均は16日続伸。23日の米株安や前日に日経平均が史上初の15連騰を記録したことによる達成感のほか、安川電6506が決算を受けて売りが先行するなか、利食い優勢の展開から始まった。しかし、押し目買い意欲は強く、海外投資家とみられるインデックス買いが断続的に入る中、日経平均はじりじりと切り返す格好となると、前場半ばに21700円を回復。後場半ばから大引けにかけて一段高となり、21800円を回復して本日の高値で引けている。

大引けの日経平均は前日比108.52円高の21805.17円となった。東証1部の売買高は15億7156万株、売買代金は2兆5993億円だった。業種別では、卸売、電力ガス、鉄鋼、金属、銀行、建設が上昇。一方で、ゴム製品、その他金融、証券の3セクターが下落。全体としては出遅れセクターへの物色が目立っている。


◆注目銘柄◆
任天堂7974、メガバンク3行、ソフトバンクG9984、SUMCO3436、キーエンス6861、DENA2432、ファーストリテ9983が上昇。一方で前日に強い動きだったenish3667のほか、安川電6506、ファナック6954が冴えない。


--------------------------------------

【17営業日ぶりに反落、過熱警戒のなか利食いの流れに】25日(水)

■概況■21707.62、-97.55
25日(水)の日経平均は17営業日ぶりに反落。24日の米国市場では好調な企業決算や、製造業PMIが予想を上振れたほか、税制改革への期待から堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比95円高の21905円となり、これにサヤ寄せする格好から、日経平均は21900円に乗せて連日で年初来高値を更新して始まった。その後は過熱感も高まるなかで利益確定の動きもあり、こう着感の強い相場展開に。後場半ば辺りから利食いの動きが強まると、一時21700円を下回る場面もみられた。

大引けの日経平均は前日比97.55円安の21707.62円となった。東証1部の売買高は19億6843万株、売買代金は3兆3155億円だった。売買代金が3兆円を上回るのは、オプションSQがあった13日以来、8営業日ぶり。業種別では銀行、保険、倉庫運輸、非鉄金属、鉄鋼、機械、ガラス土石、卸売がプラス圏をキープ。一方で、医薬品、電力ガス、不動産、食料品、小売、陸運、情報通信が冴えない。

◆注目銘柄◆
任天堂7974が売買代金トップ。三菱UFJ8306、SUMCO3436、神戸製鋼5406、コマツ6301が上昇。半面、ソフトバンクG9984、トヨタ7203、東エレク8035、ファナック6954、安川電6506が冴えない。


--------------------------------------

【反発、ファナック決算でこう着感強まる】26日(木)

■概況■21739.78、+32.16
26日(木)の日経平均は反発。25日の米国市場は、複数の主要企業決算が嫌気され、売りが先行。さらに原油相場の下落や長期金利の上昇が嫌気され、終日軟調推移となった。この流れを受けて利食い先行となるなか、日経平均は21700円を下回って始まった。一方で前日に決算を発表したファナック<6954
>が決算表から強い値動きで始まり、日経平均をけん引する格好となり、その後はプラス圏での推移に。しかし、そのファナックについては、説明会での印象が悪かったとの見方などもあり、じりじりと値を消す流れのなか、日経平均はその後こう着感の強い展開が続いた。

大引けの日経平均は前日比32.16円高の21739.78円となった。東証1部の売買高は15億9000万株、売買代金は2兆6333億円だった。業種別では証券、石油石炭、パルプ紙、繊維、輸送用機器、建設がしっかり。一方で、その他製品、海運、水産農林、小売、空運が利食い優勢だった。

◆注目銘柄◆
任天堂7974が格下げの動きもあって下落。また、中小型株物色の流れが目立ってきており、重松製作7980など防衛関連の一角が動意をみせていた。


--------------------------------------

【大幅続伸、21年ぶりに22000円台回復】27日(金)

■概況■22008.45、+268.67
27日(金)の日経平均は大幅続伸。欧州中央銀行(ECB)が段階的な金融緩和策の縮小を発表したことや、米主要企業の決算が良好な内容だったことを受けて、26日の欧米株は全面高となった。米金利上昇に連れて円相場は1ドル=114円台まで下落し、本日の日経平均は163円高からスタートした。寄り付き後も金融株やハイテク株が相場のけん引役となり、日経平均は上げ幅を広げる展開となった。後場に入ると1996年7月以来、約21年ぶりに22000円台を回復し、引けにかけて22016.50円(前日比276.72円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比268.67円高の22008.45円となった。東証1部の売買高は19億9118万株、売買代金は3兆1008億円だった。業種別では、銀行業、医薬品、繊維製品、情報・通信業が上昇率上位だった。一方、下落したのは電気・ガス業と空運業の2業種のみだった。


◆注目銘柄◆
三菱UFJ8306、三井住友8316、みずほ8411といったメガバンク株や、ファナック6954などの値がさ株、SUMCO3436などのハイテク株が大きく買われた。その他売買代金上位も任天堂7974、トヨタ自7203、ソフトバンクG9984など軒並み堅調。上期決算が大幅増益で通期予想も上方修正した富士電機6504に加え、システナ2317や宮越HD6620はストップ高水準で本日の取引を終えた。フランチャイズ契約を締結したペッパー3053と幸楽苑HD7554、決算が好感されたNRI4307も大幅高となった。

一方、無資格検査報道が伝わったSUBARU7270は2%超安。富士通6702やエプソン6724は決算がネガティブ視されて急落した。また、双信電機6938、ゴールドクレ8871、日本トリム6788などが東証1部下落率上位となった。


--------------------------------------



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below