Reuters logo
CMEがビットコイン先物の取り扱いへ【フィスコ・ビットコインニュース】
2017年11月1日 / 02:37 / 20日後

CMEがビットコイン先物の取り扱いへ【フィスコ・ビットコインニュース】


*11:31JST CMEがビットコイン先物の取り扱いへ【フィスコ・ビットコインニュース】
世界最大のデリバティブ(先物)取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所を運営するCMEグループが、今年後半にもビットコイン(BTC)の先物を取り扱うことを10月31日に発表した。

このニュースの後ビットコインの価格は高騰し、ビットコイン/日本円は11月1日時点でフィスコ傘下の仮想通貨取引所では過去最高値の730,495円の高値を付けている。また、ビットコイン/米ドルも6,400ドルを超えて過去最高値を更新している(Coin Market Capより)。

このビットコイン先物はシカゴ・マーカンタイル取引所において、ビットコイン/米ドルのレートで上場される。

9月には、CMEの社長ブライアン・ダーキン氏はビットコイン先物の取り扱いについて直近では予定していないと発言していたが、これを覆す形でのサービス提供となる。主な理由は、顧客の仮想通貨市場への注目度が高まったことであるようだ。

アメリカでは、9月にシカゴ・オプション取引所の運営母体であるCBOEホールディングスもビットコイン先物の取り扱いへ向けて動いていることが報道された。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below