Reuters logo
第4次安倍内閣発足を受けた政策期待も後押し【クロージング】
2017年11月1日 / 07:03 / 23日後

第4次安倍内閣発足を受けた政策期待も後押し【クロージング】


*15:57JST 第4次安倍内閣発足を受けた政策期待も後押し【クロージング】
1日の日経平均は大幅に反発。408.47円高の22420s.08円(出来高概算20億5000万株)で取引終えた。10月31日の米国市場では、NYダウ、ナスダックともに上昇。FOMC結果発表や下院の税制改革案に加えて、次期FRB(米連邦準備制度理事会)議長の発表や10月雇用統計など重要イベントが続くため上値は限られたが、緩やかな上昇となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比260円高の22210円と大きく上昇するなか、これにサヤ寄せする格好から大幅に上昇して始まった。さらにソニー6758、日東電6988が通期計画の上方修正を発表するなど、決算評価の流れからハイテク株主導で上げ幅を拡大。第4次安倍内閣発足による「アベノミクス」加速への期待感も高まるなか、前引け間際には22300円を回復すると、後場に入ってもじり高基調が続いており、22400円に乗せている。

セクターでは33業種すべてが上昇しており、石油石炭、空運、電気機器、パルプ紙、鉱業、電力ガス、非鉄金属、ガラス土石が上位に。指数インパクトの大きいところでは、東エレク8035、京セラ6971、日東電6988、ソフトバンクG9984、ソニー6758、ファナック6954がけん引。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1200を超えており、6割を占めている。

日経平均はギャップ・アップで始まり、その後もじり高基調が続いた。ハイテク企業の好調な決算のほか、第4次安倍内閣発足を受けた政策期待も後押しした格好であろう。本日の上昇で再び過熱感が警戒されてくるが、インデックスに絡んだ売買が中心のため、一概に過熱とも言いづらい面はある。ただ、今後主力企業の決算が一巡してくると、次第に手掛かり材料に欠ける状態になる可能性はありそうだ。

ともあれ、上昇基調が強まるなか、テクニカル面では、次のターゲットは1996年6月26日高値の22750円ところが意識されてこよう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below