Reuters logo
Hama:相場の心得、森を忘れて木ばかり見ていると、、、!?【FISCOソーシャルレポーター】
2017年11月2日 / 00:34 / 22日後

Hama:相場の心得、森を忘れて木ばかり見ていると、、、!?【FISCOソーシャルレポーター】


*09:29JST Hama:相場の心得、森を忘れて木ばかり見ていると、、、!?【FISCOソーシャルレポーター】
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家Hama氏(ブログ「実践で学ぶ、負けない現代株式投資」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年10月31日10時に執筆


「実践で学ぶ、負けない現代株式投資」のHamaでございます。

昨日までの相場を見るに、「衆院選相場」の恩恵を受けていなかった方の銘柄も、徐々に上昇に転じはじめ、ようやく含み益に変わり始めたところと思います。

本日は、昨日までの市場を踏まえ、特に初心者の方に向けて相場の心構えについて書きたいと思います。

日経平均株価は、長い目で見ればまだまだ上値を試しそうにも思えますが、忘れてはいけないのは、常々申し上げている、「木」を見る前には必ず「森」を見るということ。

「森」を見渡たしたときに、特に荒れる要素が無い場合には、「木」に集中することもありますが、「森」を見ずに「木」を見ることはありません。

そのことを頭に置いて、今日は松井証券が公開している信用評価損益率を見て見ます。

この指標を日々モニターしている方も多いと思いますが、同指標は先週金曜日時点でマイナス2%付近にあり、2015年6月以来の高水準に達しています。

おそらく、昨日月曜日の信用評価損益率はマイナス1%台に達していると思われ、この指標を見る限りは、相場の「センチメント」、つまり投資家心理は「楽観」の範囲を超えてきたように思います。

相場格言には「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」というものがあります。

相場が一方に動いているときには、「儲かるチャンス」とばかりに、なかなか相場全体を見渡せず、個別銘柄に集中してしまいがちですが、そんなときが一番危ない時。

相場全体が崩れたときには、ほとんどの個別銘柄は、全体相場に引きずられます。

「森」に嵐が近づいているのに、一生懸命「木」に集中してしまうことは投資初心者によくあることですが、せっかく良い個別銘柄(木)を探せたとしても、全体を見渡す余裕が無ければ相場で生き残ることはできません。

特に、上昇相場なのにたいして利益が出ていない様なときに、自分だけ儲けていない様な気になって、相場に固執してはいけません。

含み損となっている銘柄がある様な場合には、さらに注意が必要です。

ここで一つ、相場は「儲けること」よりも「損をしない事」の方が何倍も重要で、もしも含み損がある様な場合には、まず「その損失を拡大しない」ことが重要になります。

損失を出しているときには、損失を取り返そうとするほどに、えてして損失が大きくなるのが投資です。

その理由は、「取り戻そう」と動いた時には、既に心理的に相場に飲まれてしまっており、さらに損失するリスクが見えなくなってしまうからに他なりません

特に初心者の方は、損失が拡大するほどに、それを取り戻そうとして、森など全く眼中になくなり、嵐とともに相場に飲みこまれていきます。

損失が出た場合に相場に飲まれないためには、 まず損失を拡大させない、ストップさせることを最優先に。

拡大させないためには、テクニックとしては両建てにして止めることも可能ですし、場合によっては思い切って損失を確定することも必要になります。

損失のストップが担保された上で、次のステップとして、冷静に損失を縮小することを考えることです。

その冷静さが身につくようになれば、全方向からいろんなものが見えてくるようになり、勝ち組投資家としての一歩を踏み出せるようになります。

株式投資は「森を見て、木を見る」ことが極めて重要。日々の指標から相場の姿を読み取り、全体相場を把握した上で、全ての行動を起こすことです。

当ブログでは投資初心者の方のために、「森を見る」ための力を養う「基礎投資学習ツール」と有望な個別銘柄を毎日を抽出する「Stocks」用意しています。

「基礎投資学習ツール」は、全体相場の天底を判定するなどの実践的な機能も備えていますので、興味のある方はブログ「実践で学ぶ、負けない現代株式投資」からお問い合わせください。

それでは、「実践で学ぶ、負けない現代株式投資」ブログにてお待ちしております。

----

執筆者名:Hama
ブログ名:実践で学ぶ、負けない現代株式投資



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below