Reuters logo
日経平均は続伸で1996年7月以来の22500円回復【クロージング】
2017年11月2日 / 07:34 / 19日後

日経平均は続伸で1996年7月以来の22500円回復【クロージング】


*16:29JST 日経平均は続伸で1996年7月以来の22500円回復【クロージング】
2日の日経平均は続伸。119.04円高の22539.12円(出来高概算18億6000万株)で取引を終えた。連日の年初来高値更新で1996年7月以来の水準を回復した。1日の米国市場は、10月ADP雇用統計が予想を上回る堅調な内容となり、買いが先行。ただし、ハイテク企業の決算を控え、利益確定の流れからナスダックは反落となった。まちまちの展開だったが、シカゴ日経225先物清算値は大阪比100円高の22530円。円相場は1ドル114円10銭辺りと、円安に振れて推移するなか、日経平均は22500円に乗せて始まった。

その後は下げに転じる場面もみられたが下値は堅く、小幅ながらもプラス圏での推移が続き、大引け間際に再び上げ幅を広げてきており、本日の高値圏で取引を終えている。インデックスに絡んだ売買が中心であり、ホンダ7267、ソフトバンクG9984、KDDI9433、エーザイ4523、ファーストリテ9983、ダイキン工業6367、ソニー6758がけん引。ソフトバンクG、ファーストリテは、日中はマイナス圏で推移していたが、引けにかけて切り返していた。

セクターでは海運、非鉄金属、鉱業、輸送用機器、鉄鋼、建設が上昇。半面、水産農林、その他製品、空運、卸売が小安い。東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1000を超えており、過半数を占めている。連休を控えていることもあり、個人主体の中小型株も利食い優勢となり、マザーズ、JASDAQは下落となった。

来週は米雇用統計を受けた米株式の動向を受けてのスタートとなるほか、引き続き主要企業の決算が本格化するなか、業績相場の流れが強まることになろう。また、トランプ米大統領がアジアを歴訪する。トランプ物色が強まる可能性がありそうだ。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below