Reuters logo
今週の【JASDAQ市場】10月30日~11月2日『連日の年初来高値更新も週末は調整に』
2017年11月5日 / 03:14 / 15日後

今週の【JASDAQ市場】10月30日~11月2日『連日の年初来高値更新も週末は調整に』


*12:07JST 今週の【JASDAQ市場】10月30日~11月2日『連日の年初来高値更新も週末は調整に』
【続伸、ヒップがストップ高で上昇率トップ】30日(月)

■概況■3702.65、+12.74
30日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは揃って続伸となった。値上がり数は440、値下がり数は217、変わらずは56。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。その後も上げ幅を広げたものの、日経平均が上げ幅を縮めてマイナスに転じた流れで、JASDAQ平均も前日終値水準まで上げ幅を縮小。しかし、前引けにかけて再び盛り返し、そのままきょうの高値圏で取引を終えている。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。


◆注目銘柄◆
ヒップ2136がストップ高で上昇率トップ。出遅れの人材関連として特定派遣事業を手がける同社に関心が向かったもよう。日ダイナミク4783は、上期決算の発表とともに、18年3月期の通期予想を上方修正。第2四半期の営業利益は前年同期比3.3倍の4.22億円で着地した。また、通期営業利益見通しは従来の6.00億円から7.80億円へと引き上げている。

ヨシコン5280は、18年3月期上期予想の上方修正が材料視され、大幅続伸で年初来高値を更新。なお、営業利益見通しは従来の8.50億円から15.84億円へと引き上げている。本日はバイオ関連の一角にも資金が向かっており、テラ2191が約12%の上昇となった。

その他、ニレコ6863、SAMURAI4764、テクノクオーツ5217、五洋インテックス7519などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------

【続伸、テックファームがストップ高で上昇率トップ】31日(火)

■概況■3713.03、+10.38
31日(火)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは揃って続伸となった。値上がり数は352、値下がり数は272、変わらずは82。米株安などの流れからJASDAQ平均は売り先行で取引を開始。しかし、3696.05円を安値に切り返し、前引け前にはプラス圏を回復。その後も日経平均が下げ幅を縮めるなかで、JASDAQ平均も上げ幅を広げる展開となり、きょうの高値圏で取引を終えている。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。


◆注目銘柄◆
テックファーム3625がストップ高で上昇率トップ。NTTドコモ9437の新規事業創出プログラム「39works」はオンライン診療を実現するため、NTTドコモが実証実験を基に開発した遠隔診療サービス「MediTel」を、テックファームより11月下旬から医療機関向けに提供開始すると発表し、関心を集めた。セフテック7464は、上期決算が従来予想を大幅に上振れたことが好感された。

18年3月期の上期及び通期業績予想の上方修正が材料視され、ワットマン9927は一時ストップ高。なお、上期営業利益見通しは従来の0.03億円から0.63億円へ、通期見通しについては0.63億円から1.24億円へと引き上げた。原田工業6904は年初来高値を更新。11月6日付でジャスダック(スタンダード)から東証2部へ市場変更すると発表しており資金を集めた。

その他、SAMURAI4764、前田製作所6281、不二精機6400、東日システム3316などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------
【続伸、Tホライゾンがストップ高】11月1日(水)

■概況■3718.72、+5.69
11月1日(水)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは揃って続伸となった。値上がり数は350、値下がり数は301、変わらずは55。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。しかし、寄り付き直後を高値に上げ幅を縮小し、前日終値水準でのもみ合いに。その後前引け前に盛り返すと、後場はこう着感の強い相場展開となった。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。


◆注目銘柄◆
Tホライゾン6629がストップ高で上昇率トップ。上期決算とともに18年3月期の通期予想の上方修正を発表し、関心を集めた。なお、上期営業利益は前年同期比約4.6倍の4.73億円で着地、営業利益見通しを5億円から8億円へと大幅に引き上げている。リーダー電子6867もストップ高。同じく上期決算と通期予想の上方修正を発表。上期営業損益は1.68億円の赤字と会社計画(3.85億円の赤字)に対して損失が大幅に縮小して着地した。

足元でドライブレコーダー関連として短期資金の関心を集めていたカーメイト7297も上期決算と通期予想の上方修正が材料視された。アスコット3264は、17年9月期の決算を発表。今期が大幅営業増益見通しとなったことが好感された。シライ電子6658は信用規制の解除が発表されている。

その他、前田製作所6281、ソルガムHD6636、日邦産業9913、ノムラシステム3940などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------
【反落、下落率トップは15%安のシンポ】2日(木)

■概況■3707.89、-10.83
2日(木)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは揃って反落となった。値上がり数は276、値下がり数は371、変わらずは65。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。しかし、寄り付き直後を高値に上げ幅を縮めると、そのままマイナスに転換。大引け間際に買戻しの動きも一部で見られたものの、終日冴えない展開となった。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。


◆注目銘柄◆
不二硝子5212がストップ高で上昇率トップ。18年3月期の上期及び通期予想を上方修正したことが材料視された。なお、上期営業利益は0.20億円から0.57億円、通期では0.30億円から0.60億円へと大幅に引き上げている。第2四半期の業績観測が報じられた大木ヘルスHD3417もストップ高。ドラッグストア向けに開発したプライベートブランド商品が好調で、営業利益は前年同期比2.3倍の10億円となったようだ。

リーダー電子6867は、引き続き18年3月期業績予想の上方修正を好感した流れに。クロスキャット2307は、仮想通貨関連との見方もあり、ビットコイン価格の上昇が刺激材料となったようだ。

その他、GFA8783、ピクセルCZ2743、SAMURAI4764、プラマテルズ2714などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below